The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

ブラック企業を辞める方法。。。。

最近、某掲示板でブラック企業で働いている人の労働状況を読んだ。まあ、ネットで匿名で書いてある事だから針小棒大に書いている可能性もあるけれど、それでも、私が読んだ限り、真実っぽいなと感じられた。

 

薄給で、長時間労働、有給もとれない、上司からパワハラで罵倒されてて、、、、その上で、妻子がいたりして、辞めるに辞めれない、まさしく、死のカウントダウンが始まっちゃてるみたいな。

 

もう、考えうる限り最悪な状況なのだけれど、それでも辞められない、、、なぜか?

 

再就職が決まるか不安、、、決まるにしても次までの生活が不安、、、、、、分かるわ、そのフィーリング、ディープにアンダスタンドですわ、、、、。

 

まあ、ね、日本は転職社会じゃないですからね、実際、年功序列の終身雇用みたいなとこがあるからね、、、、そりゃ二の足踏みますわ。

 

確かに、心の底から理解できますよ。

 

だが、しかしだ、その上で、あえて言わせて頂こう。

死んだら元も子もない、と。

 

嫁が怒り狂おうが、子供が腹をすかせて泣きわめこうが、それでも死んだらアウトーーーですわ。。。もう、ここまできたら離婚上等ですよ。そもそもね、旦那が死にそうになってんのに、会社辞めるのに反対な嫁さんなんか、もうね、いらねーよ。本当に、生ゴミの日にでも、しっかり捨てていいレベルですわ。

 

だってさ、人間、死ぬんですよ。仕事のストレスで。この日出ずる国、ジパングでは、枚挙に暇がないほど、死屍累々のシカバネのマウンテンが構築されてんだし。

 

だって、超一流企業、みんなの憧れ、電通ですら、アレなんすよ? 二流三流企業なんか言わずもがな、ですわ。

 

では、総論から各論に入りましょう。

 

だいたい、普段から罵倒が飛ぶブラック企業って、まず従業員が疲弊して頭おかしくなってるし、辞めるなんていうものなら、さらにパワハラが来るに決まってるんですよ。辞めさせる事すら、しないっていうね。

 

もうブラック入った時点で底なし沼に、足どころか肩まで、つかっちゃってるんですわ。マトモじゃ無い会社は、とことんマトモじゃないからね。

 

だから、こっちも、マトモじゃない方法で辞めるしかない。正気のままじゃ、ワタミ、、、じゃなかったブラック企業なんか辞めれませんよ。

 

どうするか?

 

ばっくれ、です。ばっくれ。

社会的な責任とか無視です。目には目を、歯には歯を、のハンムラビ法典スタイルです。

 

出勤時間、まずスマホの電源を落とします。これで連絡不能になります。その上で、スマホを置いて、楽しく映画館にでも、スーパー銭湯でも、なんなら風俗いって巨乳のチャンネーとパフパフでも、しましょう。

 

無断欠勤って奴です。

 

1日、無断欠勤ぶっこけば、まあ首ですよ。首。解雇されます。

 

そのうち、郵送かなんかで、離職票やら届きますよ。放っとけばいいんです。

とことんハンムラビ法典スタイルですわ。

 

で、まあ、なんだかんだいって、退職の運びになるので、退職になったら、速やかに再就職に向けて動きます。

 

雇用保険もでますし、なんなら職業訓練でも、失業者仲間と受ければいい。

 

無茶苦茶な退職提案だけど、例えば公務員とか大企業みたいなスバラシー職場でも、基本コレでいっていい。死んでまうよりは、良い。

 

逃げるは恥だが、役に立つ、っていうガッキースタイルですよ。

 

みなさん、ばっくれ、ましょう。

会社に迷惑かけるでしょうけど、こっちは死にかかってるんです。

 

知ったこっちゃ無い、です。

 

はっきりいって、バックレが出る会社っていうのは、会社が悪いんですよ。

だから気にするこたーないです。

 

ブラックに入ったら、さあ、レッツ・バックレ! 

 

 

 

過労死や自殺するより、よっぽど良いと思うから。■