The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

オフラインの必要性。。。

インターネットって便利なんだけれど、

常時的に接していると、なんかこう精神が磨耗していく感じがする。

 

ほら、今って、スマートフォンがあるから、

いつでもネットにコネクトできる、否、しちゃうわけじゃんね。

 

そいで、最新の情報がバンバン、脳にインプットされていく。

されていくのだけれど、なんかもう、それが疲れちゃうんだよね。

ネット疲れというか、なんというか。

 

なーんてことを思って、意図的にスマホを使用しないようにした。

まあ、そうは言ってっも、どうしても使わざるを得ないときは使うのだけど、

あえて、使わないようにして、オフライン状態をキープしてみた。

 

そしたら、なんか、こう心が少し軽くなった。

 

ネット上に、多くの人の心の澱(おり)のようなもんが、浮遊していて、

それに触れすぎると、人間の精神は、少しもっていかれる気がする。

 

なんでも、かんでも、ネット、というのは、もしかしたら人間には

あまり合っていないのかもしれない、なんて思った。

 

公共交通機関に乗れば、喫茶店に行けば、ありとあらゆる日常のシーンにおいて、

我々は、スマートフォンとにらめっこをしている。

 

スマホ某巨大掲示板をみたり、漫画を読んだり、ありとあらゆる挙動をスマホに委ねる。

 

しかし、その行為は、やはり絶対的に心を蝕む傾向がある、、、、と感じる。だから、意図的にオフラインの時間を、スマートフォンから離れる時間を創出する必要性がある気がする。

 

インターネットに支配されてはダメだ。

人がネットを支配しなきゃ、と思う。■