The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

名前など記号にすぎない。

最近、選択的夫婦別姓の制度に、なぜ反対する人が多いのかな、と

考えた、その事について今回は書いてみたい。

 

まず、そもそも名前というものは何か? と。

 

基本的には、個人を識別するための記号だよね。

もし名前が存在していなかったら、学校でも職場でも、これは、ちょっと困った事になるという状況が容易に想像できる。

 

仮に山田花子さんという名前の人が職場にいて、名前がない世界であったら、ちょっと何やら相談したいときか、困っちゃうもんね。「あの、これ教えて欲しいのですけど」って話しかけるいかないしさ。

 

だから、集団で行動する我々、人間には名前というものが必要不可欠になってくる。

 

まあ、苗字の存在から血縁とかが分かる、っていう機能もあるんだろうけれど、江戸時代とかまで遡ると、庶民は苗字なんかなかったわけじゃんね。どこどこ村のだれ兵さん、とか、そういう社会だったわけで。

 

だから、究極的にいって名前というのは「ただの識別記号」にすぎない。そう考えちゃうと、効率だけでいったら、家畜のように数字とアルファベットの組み合わせが、一番合理的かもしれない。「DK387」とか。まあ、それじゃ、あまりに殺伐としているから、「太郎さん」やら「花子さん」みたいな名前が必要になってくる。

 

だから、夫婦別姓やら、なんやら、に反対する人たちは、あまりに名前という存在にこだわりすぎなのだ。

 

べつに名前なんか、そう大したものじゃない。人と人とを識別しやすくするだけのものだ。

 

大事になってくるのは、名前そのもじゃなく実質的に、その人間が、どういう人間かだ。木村拓哉の大ファンなのか? 休日には寺社仏閣巡りをするのが好きな人なのか? そういう部分にこそ本質があるわけじゃん。実際、例えば芸能人とか芸名があって、本名より芸名の方が、社会に名を馳せている、なんつーパターンもあるわけじゃんね。

 

怒られちゃうかもだけど、名前なんか、そんなもんすよ。

時代時代に合わせて、やりやすいシステムに柔軟に変えていけば、いいだけの事象だとわたしは思いますよ。■