The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

人生に意味なんか無い。

最近、俳優の大杉漣さんが亡くなった、というニュースをみた。

 

特にファンというわけではなかったけれども、よくTVや映画で見ていた俳優さんであったので、心にグッとくるものがあった。

 

そこで、ふと、人間のもつ人生の意味とはなんだ? と考えた。

 

我々は、心の何処かに、強迫観念をかかえている。幸福であらねばならない。人より優れていなければならない。何か誇れるものがなくてはならない。人生において、何かを成し遂げなければならない。

 

そうでなければ、人生に意味がない。生きていても意味がない、と。

 

この思考は、我々を苦しめる。何者かにならねばならない。何者かにならねばならない。呪詛のように、それは我々を苦しめさいなめる。

 

だが、しかし、客観的に考えれば、人生など、端的にいえば、生きて死ぬだけの話だ。

 

犬や猫、植物なんかを見ていれば、わかる。彼らは、いちいち生とは何ぞや? などと考えることはない。ただ、産まれ、生きて、死んで行くだけだ。未来に対し絶望することもない、場当たり的に、主観の連続性を生きているだけだ。そして、最後の時を迎える。

 

そして、それこそが、結局、人生なのだ。

 

わざわざ、なにか意味を問うものでもない。

何かを成し遂げる必要性など、別にないのだ。

 

そう分かっていても、我々は、自意識に苛まれるけれど、人生に意味など別にない、何かを成し遂げる必要性はない、と心の片隅においておけば、少しは楽に生きられるのではなかろうか?■