The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

タブレットが売れる時代になりそう。

日経新聞で、最近タブレットが売れるているという記事を読んだ。

 

www.nikkei.com

 

ちょっと前まで、タブレットの売れ行きが芳しくない、

という感じだったので、意外だなと思ったのだけれど、

冷静に考えると、これは当然の流れだなと思った。

 

だって、タブレットがあれば、

気軽に大きな画面で、NetflixとかYouTubeみたいな動画サイトが見れるし、

AmazonKindleで、雑誌や漫画、あるいは専門書みたいな電子書籍も手軽に読める。

 

スマートフォンやPCでも、可能だけれど、スマホは画面が小さいから

イライラするし、PCは、やっぱり、ちょっと読書や動画を見るには使いにくいからね。

 

タブレットといえば、やはりiPadが高性能で良い端末なんだけど価格が高いから、

安くて質のいいタブレット端末が、中国や韓国が出してくると、やっぱり普及していくんだと思う。

 

タブレットが、低価格で買えて、みんなに普及する時代になれば、

世の中、ガラリと変わる気がする。

 

例えば学校の教科書なんかもタブレットに置き換わるだろうし、

そうすれ荷物も減るだろうし、DLでの教科書販売が主流になれば、

物流の流れも変わっていく。

 

漫画や新聞、雑誌なんかも、完全にネットで購入する感じに変わっていくかもしれない。

 

小説みたいな文字ベースの本は、今でもスマホで十分だからね。

 

そんな感じで。低価格タブレットの普及で、世の中の変化は加速していくんだと思う。

 

でも、そう考えていくと、

ますます紙媒体の産業は厳しくなっていくのだろうな、という予測が立つ。

 

いや、それどころか、ある程度の画面サイズのタブレットの普及は、

テレビの需要も食っていくだろうし、

もしかしたら、テレビゲームの需要も食っていくかもしれない。

 

こんな感じで世の中、変わっていくのだろうな。。。。

 

もう、どんな未来が待ち受けているのか、完全に予測不能だわさ。■