The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

少子化は希望のヒカリ。

近年、少子化が、光の速さで進捗している。

 

ほいで、なんでこーも日本の若者が、子供を作らなくなったのか?

これを、精査して見て行くと、

若者にお金が無い、、、という身も蓋もない結論に行き着く。

 

ただ産むだけ、、、というならば、子どもを持ちたい、という人は多かろうよ、

でも、実際問題、子どもは産んだだけではダメで、今の日本だと、しっかり教育を与えないと、将来的に、子どもは食って行くことができず、不幸のどん底に落ちてしまうのが目に見えている。

 

そいで、良い教育にはお金がかかる。

 

それに、日本は欧州みたいに高校や大学の学費は無料どころかクソ高いしね。

 

例えば、東大に行って官僚になっているような人なんか、

ずっと有名私立の超高い学費の学校に通ってる、灘高校とかラサールとかさ、

で、その親も大体、官僚でお金持ち。

 

逆に親が貧しいと、ろくな教育が受けれず、社会で何のチャンスも得られない、

劣等感に苛(さいな)まれ、これじゃ産まれてこなかった方がマシって人生になる。

 

 

つまり、日本は親の地位や経済力がモロに子供の未来に反映されちゃう社会なんだよね。

それを我々は経験的に知っている。

 

知っているからこそ、お金のない夫婦、お金のない若者は、子供をつくらないし、結婚もしなくなった。

 

つまり、日本人は、だから、みんな、自分の子供には幸福に育って欲しい、幸福な人生を送って欲しい、と願っているのだ。

 

それが、お金がなくて実現できないと分かっているから、多くの若者は子どもを作らなくなった。

 

子供の幸福を願う、ゆえに、子どもを作らない。

 

この事実は、確かに日本という国家の消滅を意味する、とは思う。

人口が減り、内需は崩壊し、経済を支えきれなくなり、大人数の高齢者は年金や医療を失う。行き着く先は絶望の闇であろう。

 

でも、わたしは、それは逆に希望のヒカリでもあると思うのだ。

 

これほど、多くの日本の若者が、真剣に子どもの未来の幸福を思い、

子どもを持たないという生物学的な本能に反する、

理性的な選択を選んでいるという事実、

そこに人間としての尊厳みたいなのを感じるのだ。

 

たとえ少子化で日本が消えるとしても、

それは子供の幸福を願う、希望のヒカリと共に消えゆく。■