The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

日本企業の長時間労働を減らす方法。。。

日本企業の長時間労働は、もう凄いよね。

日本で生活している、みなさんなら、もう知ってるよね。

 

でさ、この長時間労働の是正に対して、

日本政府が最近した政策って、プレミアムフライデーというアドバルーンをあげて、みんな金曜日には残業をしないで帰りましょう!!

的な宣伝をしたっていうだけ。

 

おいおい、としか言いようがない。

 

アホみたいに仕事があるから、帰れないわけで、プレミアムフライデーと言われても帰れるわけねーーーーじゃーーーーーーーーーーーーん、、、とTVに向かって血の涙を流した会社員も多いであろう。

 

個人的に、日本の長時間労働を減らす方法は、今のところ一つしかない、と思う。

 

日本って、大きな会社があって、その下に多重下請けがあるって構造。

あるいは公務員がいて、その下の公共事業を請け負っている多重下請け。

 

ようは、日本人の大多数は、下請け企業で働いてる。

 

じゃあ、単純に公務員と大企業の労働時間を徹底的に減らせば、

その下にいる下請け企業の労働時間も、比例して減る。

 

大企業や公務員が日曜出勤していたら、下請けは仕事をせざる得ない。

 

だから、まず公務員と大企業の労働時間、労働日数を厳しく制限する、これが今できる即効性のある唯一の労働時間を減らす方法。

 

まずは官僚の仕事時間をきっちり減らすことからだと思いますわ。

プレミアムフライデーとか意味が無いから、さっさと官僚は家に帰ってください。

 

家に帰って、ドラマや漫画をみてください。

 

家族や友人、恋人と過ごしてください。

 

そう、できるような仕組みを自分らの仕事場に構築してください。

 

それが、みんなの幸福に繋がります。

 

 

だから、よろしくお願いいたします。◾️