The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

メダルなんか必要ない。

韓国で今、冬季五輪が行われている。

フィギュア、スノーボード、ジャンプ、、、、

派手な競技が多いから、ウインタースポーツが好きな人には

たまらないんじゃなかろうか? と感じる。

 

わたしは、あまり五輪に興味が無いので、熱心に見ていないけれど、

マスメディアが、やたらとメダル、メダル、言うのは、どうなんだろう? と感じる。

 

だって、冷静に考えて、日本人がメダルを獲得したから

なんだっていうのだ? 

 

そんなことより、少子化問題やら、労働問題が解決した方が、よっぽど嬉しいよ。

メダルを仮に100個、日本選手が獲得したところで、日々の生活には1ミリも関連してこないさ。

 

まあ、そうは言っても選手個人にしてみれば、

五輪の活躍が、その後の人生に大きな影響があるのだろうし、

彼ら彼女らが、必死で頑張る、っていうのは理解できる。

 

でも、それは自分のために頑張ればいいわけで、

日本のため、国民のため、なんて思う必要はない。

 

よく言われることだけど、英語でスポーツすることをプレイするって言うじゃんね?

プレイには、遊ぶっていう意味もあって、基本的にスポーツって楽しむ、遊ぶ、もの。

 

だから、選手は徹底的に、楽しんで、こればいいのだ。

 

五輪は世界中からトップアスリートが集結している大会なわけで、

マスコミも日本人ばっかクローズアップしないで、いろんな国の選手を報道する

スタイルに変えていくべきだと思う。

 

日本だから、では無く、世界的なイベントを楽しむ、そういうスタイルで良いと思うのだ。

 

日本がメダルを1個も取れなくなたって

選手は五輪代表のポジションを、必死に努力して掴みとったんだろうし、

大会でも、結果を出そうと頑張ったはず、

だったら、どんな結果であれ胸を張って、

日本に帰ってこれば良い。

 

ちゃんと、頑張ったなら、何も恥じることなんて、無いのだ。◾️