The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

神戸新聞の【18歳で父親に「貧乏でも家族3人で幸せ】の記事の感想。

神戸新聞のHPに掲載されネットで話題になっていた

【18歳で父親に「貧乏でも家族3人で幸せ】の記事が興味深かった。

 

www.kobe-np.co.jp

 

高校生で子供ができて結婚した夫婦の話。給料は月に16万だという。

 

幸福だと夫婦は言っているけれども、率直に言って、生活は破綻しているって思う。

16万は厳しい。それに、奥さんは子供が小さいため仕事できないだろうし。

 

この夫婦に必要なのは、国の援助だよ。このまま、放っておいたら、大変なことになるとしか思えない。

 

日本は年功序列制度の国で、若い夫婦は極端にお金がない。ギリギリ。

そういうの分かっているで、結婚がどんどん減っちゃってるんだよ。

 

だって大学出て大企業いっても初任給は20万程度だろう。

そっから家賃払ってスーツ買って、食費払って、残らないでしょ。普通に考えて。

 

もう初任給の設定からして、若い人は結婚なんか、とてもできない。

恋愛が関の山じゃんね。

 

こう考えれば、日本の少子化はなるべくしてなっている。

 

終身雇用で年功序列という労働システムは、若者は給料がかなり低くなるし、

年功序列の制度があると中途採用が無いわけで、女性も働けないし、

もう、この国は詰んでいる。

 

制度が、完全に時代に合ってないんだもん。こりゃ破綻しちゃうよ。

 

なんでも良いけど、

この新聞記事の、ご夫婦を神戸の行政は、なんらかの方法で助けないとダメだわ。

最悪の事態になる前に。◾️