The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

景気が回復しない理由はアベノミクスでは無い、と思う。

景気が回復している、と一般的には言われている。

 

 

確かに一部の大企業は調子が良いようだけれど、

全体的にみると、いまいちだし、個人レベルの所得は低下の一途という感じだ。

 

つまり、アベノミクスは、あまり上手くいってない。

 

その原因は、構造改革ができていないため、規制でがんじがらめで、

日本企業が身動きとれないため。

 

そう思うのだけれど、根本的に日本企業が上手く言っていない最大の原因は、

日本企業自身にあるんじゃないかと思うのだ。

 

だって欧米の企業みたいに、通年性の中途採用中心の採用システムにすればいいのに

終身雇用制度を堅持しちゃってて、いまだ年功序列のシステムを変えようとしない。

 

それに社員旅行とか、長時間労働とか、意味不明な精神論ばっかで女工哀史かよ、って感じで、労働生産性をまるっきり考えていない。

 

意地でも従来のシステムを維持しようっ! って感じだ。

 

 

だってさ、日本にある外国の企業は、日本の法律が適用されているのに

通年採用をできているし、男尊女卑の企業カルチャーもない。

 

ようは、日本の法律がどーとかではなくて、

単純に日本企業の経営の仕方が、マズイってだけなのだ。

 

実際、斜陽だったシャープは経営者が外国人に変わったら、

V字回復した。ならば、やっぱ日本人の経営が、めっちゃマズイって事が、

日本企業の全体的な不調の原因なのだ。

 

政治が悪い、アベノミクスが悪い、

だから、日本経済が回らない、、、、そうじゃない。

 

結局、日本企業の経営者の経営思想が根本的に間違っているのだ。

間違っているにも関わらず、変えらんない。

 

そこに大きな変化ができんなら、ずっと日本の経済は下火のままなんだと

思ったりした。◾️