The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

貧困は武器。

お金が無い、

食えない、

という状況は誰しも避けたい。

 

例えば、ニートやら非正規雇用の人は、だいたい親が子供の生活の面倒をみているケースが多いんだと思う。

 

実家で家事手伝いをしてる女性とか。フリーターやニートの男性とか。

 

ヘタに食える状況があるから、無職や非正規を続けちゃう。それで貴重な時間が浪費されちゃう。

 

人間、誰だって何かに挑戦したり厳しい仕事をするのは怖いんだよ。

 

その怖い事に挑戦するには、発火点がいる。

 

その発火点とは、ズバリ、貧困に対する恐怖。

 

人間、最後の最後は、恐怖が無いと動けない。

 

だから、ケツに火がついた状況は逆にチャンンス。

 

背水の陣。

 

こうなったら、もう何でもやるしかねーっ! って状況になんないと人は力なんぞ発揮できない。

 

頭も回んない。

 

女性なら貧困から脱出する手段が、結婚と就職の2パターンある。

 

だったら、結婚めざすなら死ぬ気で婚活すりゃいいし、あるいは死ぬ気で仕事探せばいい。

 

男性なら仕事をするの決め打ちだから、死ぬ気で仕事を見つけるしかないから話はシンプル。

 

だから、貧困は、あながち悪い事じゃあ無い。

 

貯金が無いとマズイと人は言う、確かにそうだけど、無いなら無いで、それが武器になるのだ。

 

恐怖こそ我々を突き動かす。

 

だから、貧困は、そう悪い事じゃあない。

 

貧困は、辛い状況であると同時に

武器。

 

わたしは、そう思います。◼️