The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

夫婦別姓を認めれば、結婚が増える理由。

近年、少子化が進んでいる。

それで政府やマスコミは「少子化を、何とかせねばっ!」と息巻いておる。

 

息巻いておるけれども、出てくる対策は、「3世代同居」とかで、「はぁ〜ん?!」と

言いたくなる、ものばかり。

 

そいで日本は、子供をつくる場合、基本的に、結婚してから、

という流れを組む。

 

であれば、結婚のハードルを少しでも下げることが、少子化問題にダイレクトに効いてくる。

 

にもかかわらず、「夫婦別姓」に政府が反対しているのが意味不明だと思うのだ。

 

たとえば、共働きの夫婦だと、結婚して嫁さんの姓が変わると、手続きとか大変なわけじゃんね。自動車免許を持っていれば、書き換えがいるしね。

 

結婚には、多くのハードルがあるんだけれど、

少しでも、ハードルを下げるためには、夫婦別姓を認めるべきだと思うんだよね。

 

別姓を認めると、日本の伝統が崩れる、という主張を耳にするけど、今、議論されているのは、あくまで「選択的」夫婦別姓

 

つまり、夫婦別姓にしたい人はすれば良いし、従来どおり同姓にした人はそうすれば良い。

だから、伝統守りたい人は、勝手に守ればいい、というだけの話なわけじゃん。

 

はっきりいって、安倍政権は、先にもあげたけれど、3世代同居にしたって、夫婦別姓に対する反対にしたって、結婚のハードルを上げてるばっかなんだって。

 

これじゃ、気軽に結婚できない、気軽に結婚できないから、ますます少子化になっていくという悪循環。

 

伝統も確かに大事だと思うけれど、今を生きる人たちが、生きやすようにしないと、本末転倒じゃん。

時代は変わって行くのだから、それに合わせて制度をアップデートをしていかないと、窮屈で生きられなくなってしまう。

 

自民党の政治家のみなさん、保守系のみなさん、

少子化を何とかしたいわけだよね?

 

だったら、夫婦別姓を認めるべきだと私は思いますよっ!◾️