The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

センター試験がクソすぎる。

大学入試センター試験が、行われている季節だ。

 

この試験の点数によって、大学の合否が決まってくるので受験生は必死だろう。

寒い中、本当にご苦労さんという感じだ。

 

だが、このセンター試験は、本当に良くない制度だと思うのだ。

 

年に一回の一発勝負の筆記試験で、一体全体、なにが分かるのか? と思うのだ。

シコシコと受験勉強を高校生にさせるのは、本当に時間の無駄としか思えない。

 

欧米の大学なんかは、日本みたいな入学試験を行わず、高校の成績表で、合否を決める。こういう制度に日本も変えていくべきだと思うんだよね。

 

日頃の高校生活の筆記試験で、だいたい、その受験生の能力は分かるわけじゃんね?! なんで、わざわざ、運の要素が大きい一発試験を受験生に課す必要性があるのかが、1ミクロンも理解できない。

 

しかも、センター試験で意味不明なのが、点数を受験生に公表しないじゃん。わけわかんねーよ。自己採点とかさせる意味がわかんない。そんなん結果を、郵送で送ってあげればいいじゃん。

 

文部科学省の官僚はバカなの? アホなの? と声を大して世界の中心で叫びたいね。

 

それに文科省は、試験の内容を思考力を試す問題にしたい、とかいって意味不明な問題を作っているけれど、こんなん意味ないに決まってんじゃん。

 

所詮、筆記試験なんだから。みんな対応してくるんだよ。こーいうのは。

 

だから、思考力を重視したいというなら、単純に大学入試を廃止していく方向性にもってくしか無い。

 

本末転倒もいいとこだよ。

 

それから、センター試験の本質は受験生の、能力を測ることが意図なのに、年に一回しかないってのも意味がわかんない。年に5回くらいやればいいじゃんね。一発勝負じゃ体調悪い子とか悲惨じゃん。プレッシャーもすごいし。

 

一体全体、文部科学省は、どこに向かっていきたいかが、全くわからん。

 

文部科学省の官僚は、本当に、バカなんじゃないの? って思う。

 

こういう事書くと、官僚は東大出てて、難しい国家試験に合格して、すごいって反論がくるのだろうけど、実際に彼女ら彼らの出しているアウトプットが、クソなわけじゃんね。誰がどー見ても、アホですよ。

 

官僚が出しているアウトプットがクソってことは、やっぱ官僚はアホなんだよ。

 

本当に、日本の受験システムは狂ってる。

 

最後に、受験生に言いたいことは、今の時代、別に大学になんざ行かないで良い!!! だ。

専門学校で十分だよ。今の時代問われるのは、実際に、その人が何ができるのか? だ。だから、実際的な能力を身につければいいのだ。

 

実際的な能力なら、十分、専門学校で身につく。

 

もちろん、医者になりたい、弁護士になりたい、公認会計士、になりたい、

はたまたエンジニアになりたい、とか具体的な目標のある人は大学に行かないとダメだろうけども、この場合だって、なにも偏差値の高い大学に行く必要はない。

 

その目標の、資格なりスキルが身につく学部のある学校に行けばいいだけ。世間で言われる有名大学である必要なんか全くないよ。

 

だから、大学受験で失敗した受験生は、暗い顔で落ち込む必要は今の時代はない。

 

くだらない、どっかのアホが作ったシステムに乗っかる必要なんか全然ない。自分が何をしたいのか? それが本当、今の時代は重要だと、思いますよ。▪️