The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

なぜ、欧米の労働の仕方を素直に真似できないのか?

日本企業をみていて、

あるいは日本企業の経営者をみていて、

個人的に率直に疑問に思うのが、

なぜ、欧米の労働の仕方を素直に真似できないのか?

なんだよね。

 

例えば、ドイツの労働環境を本やらで読むと

長期の休日があって、短い時間で効率的に成果を上げているわけだよね?

 

明らかに、日本の労働の仕方より優れているわけじゃん。

 

何がネックで、素直に真似できんのやろ? って考えて行くと、

高度経済成長期に、長時間労働、終身雇用のようなシステムで、

大きな結果を出したから、という所に行き着くと思うんだよね。

 

大きな成功体験があって、だから、そこから変われない、

昔、成功したのだから、今も正しいはずだ、ということ。

 

だけど、これが根本的に違うって思うんだよね。

 

外部環境、時代によって、常に正解は変化して行くんだよ。

つまり、正解は、変わる。

 

日本が、明治維新のとき、欧米の真似をして、近代化することによって、

アジアで頭一歩、突き抜けれたのは、

変化を恐れず、時代にあったシステムを作り上げたからだよね。

 

中国や東南アジアと違って、敏感に時代の風を察知して、やり方を変えたから、

当時の欧米の植民地にならないですんだわけじゃんね?

 

だから、正解というのは、常に変わっているのだから、

変えないで、昔のままにしておくと不正解になっちゃうんだよ。

 

で、不正解の日本の従来の労働システムに拘るから、

その不正解の考えから、発想を続けるから、常に間違いを続けてしまう。

 

もう、自分たちの、やり方は間違っている、って素直に認める時期だよ。

結果が、出ていないんだからさ。

 

で、間違っているだのから、欧米をば参考にして、直して、

結果の出るようなシステムに、変えていくしかないじゃんね。

 

止まって、昔は、そうだったから、って言っていても詮方ない。

 

結果が出ない方法にこだわっていても、

しゃーないっすわね。◾️