The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

AIと人間の違い

近年、AI(人工知能)が、

人間の仕事を奪う、あるいは、

人間を滅ぼして、生態系のトップに立つ、

なんて、話が、ボツボツ出始めている。

 

そこで今回は、AIと人間の違い、について考えてみたい。

 

個人的に、AIと人間が大きく異なる点は、

柔軟性だと思う。

 

AIっていうのは、プログラミングで、できているわけで、

基本的に、同じ動作、あるいは同じ作業しかできない。

囲碁のAlphaGoにしたって囲碁に特化している。

 

プログラムだから、

同じ作業を正確に、疲れる事なくこなす。

 

広大なネットの海から、ビッグデータを引っ張り出し、

参照し、効率的かつ合理的な戦略をたてる。

 

逆に人間が行う作業は、

不正確で、ミスも多い、が、しかし、その反面、

ミスから、新しい何か、が生まれてくる場合もある。

人間の作業には不確実性のカオスがある。

 

そう考えていくと、

人間が行うべき作業というのは、

何か新しいもの、方向性を、考えて生み出す作業に

なっていき、

実行はAIが行うようになっていく。

 

そういう風になっていくのかもしれない。

 

AIについては、本当に未知数だ。

 

人間のような感情すらもプログラミングできうるかもしれないし、

逆に、

言われているほどAIが使えない、なんてことも、あるかもしれないし。

 

例えば、タクシーがAIで無人で全自動化したら、

便利だとは思うのだけれど、

反面、そのような技術が本当に可能なのか? という疑問も起こる。

 

フジテレビで放送されていた

サイコパスというアニメがあって、

人工知能が、政治を行う、という話があるのだけど、

このアニメだと、結論的には、人間味のない人工知能には

政治は不可能で、

不確実性のある人間の方が政治に向いている、

という方向性だったけれど、

これも難しいところだよね。

 

機械と人間、どう共存していくのか、

興味深い。

 

着地点は、どこになるのであろうか?◾️