The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

ハンマー投げ事故で思ったこと

群馬の高校で、

部活中、ハンマー投げをしていた生徒のハンマーが

サッカー部の生徒の頭を直撃し、

亡くなったという悲しい事件のニュースを読んだ。

 

これさ、ハンマー投げに関わらず、

日本の部活って狭いグラウンドで、多くの種目が練習しているから、

めちゃくちゃ危ないんだよね。

 

私が通っていた、中学校や高校なんかだと、

野球部が練習していて、

その後ろで、サッカー部が練習していたりするわけ、

それで、野球部が長距離のバッティングで飛ばすと、

軟球が、サッカー部にブチ当たる。

 

サッカーをしてると、当然、サッカー部員はサッカーボールに集中しているから、

死角から飛んでくる野球部の球に、無防備なんだよね。

 

本当、いつも、これは危ないなぁ、いつか大事故が起きるぞ、

って思っていたし、そう思っていた人も多くいたと思うんだよね。

 

にも関わらず、実際に、死亡事故が起きたし、

今だに、狭いグラウンドで、ひしめいて部活動をやってるわけじゃんね。

 

これは、やっぱ、早急に変えていく必要があることだし、

工夫次第で、十分、変えられるよね。

 

例えば野球部やハンマー投げが危険なら、

別のグラウンドを借りて練習するとか、

あるいは、週5日、部活動してるんなら、

それを週2日に減らして、

月曜と水曜は野球部

火曜と木曜はサッカー部とかにするとか、

いろいろできる事はあるよ。

 

部活の体罰とか、イジメは

日本の社会習慣と密に関連があるから早急な解決は難しいと思うけど、

これは、何とかできる問題で、

手を打っていれば、今回のような事故は起きなかったんんだよ。

 

本当に、もったいないって。

 

だって、高校生だぜ。

親も周りの人間も、こんなんやってらんないよ。

 

やってらんないって、こんなん。

 

もう同じミスは、今後、繰り返しちゃダメだって。◾️