The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

旭化成と、氷河期世代の生きる道

旭化成の社長が、

40前後の社員が、全然いない、

中途採用をつのっても、良い人が来ないって

ぼやいてる朝日新聞の記事がネットで話題だ。

 

この年代は、大学卒業時に極端に不景気だった時期で

大学や高校を卒業した時期に

正社員になれず、

新卒一括採用だから中途採用もなく、

そのままズルズルと非正規で40前後になってしまった人が多い

世代だ。

 

日本って、終身雇用で新卒一括採用だから

新卒で失敗すると、

中途採用がないから、一生、非正規みたいになってしまう。

 

厳しい話だけど、

正社員になれんかった男性は、経済力ないで

結婚も子供も持てないし、

女性だって、同年代の男性が経済力なければ

結婚できんわけで、

この世代は、恐ろしい少子化になってる。

 

だから、終身雇用っていうのは景気の影響を

もろに受けるシステムで、

一つの世代が消滅しちゃうんだよね。

 

だから、そう考えれば

新卒一括採用なんかやめて、

中途採用中心の欧米みたいな制度に切り替えて

いかないと、この先ずっと同じことが起こる。

 

まあ、でも、これは不可能なんだよね。

 

日本人って終身雇用が絶対素晴らしいって信念みたいなのが

あって意地でも解雇が欧米みたいにできる世の中に反対って感じだし。

 

そうなってくると、

基本的に、新卒で不景気であった世代は死ぬし、

中途採用ないわけで、妊娠出産のある女性は働けないって社会が

日本で未来永劫に続くわけだ。

 

じゃあ、結婚できない女性とか氷河期世代の非正規は

どうやって生きていけばいいのか?

って話になる。

 

個人的には、国がバックアップして行くしかないと思う。

この世代を、公務員で、優先的に採用するとか、

プログラマとか、そういうスキルを無料で教えるとかさ、

なんかテコ入れしないと、

一つの世代が、完全に貧困層になってるんだから、

なんとかしないと国が存続できないんだよね。

今は表面化してないんだろうけど。

 

まあ、日本は弱者をバックアップしようって国じゃないで、

こういう事もしないだろうから、

結局、もうこの国はダメなんだろうと思う。

 

結論としては、氷河期世代でキャリアのない人たちは、

ITのスキルでも身につけて、自分で会社を起こして行くしかないと

思う。

 

採用してくれないんだから、自分で会社作るしかないわけじゃん。

 

国から、見捨てられた世代なんだし、

もう、どうにもならないんだし起業がすれば良いと思う。

 

いちがばちか、やるしかないじゃん。ギャンブルですわ。▪️