The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

日本人女性は、会社員ではなく、プログラマーを目指すべき!

ネット掲示板で、

女性が再就職したいけど、

なかなか再就職先が決まらない、と嘆いているスレッドを

読んだ。

 

辞めた理由は、会社が合わなかったり、

ブラックであったり、結婚であったり、

いろいろな事情があるようだった。

 

でも、実際問題、日本は新卒一括採用で終身雇用という

雇用システムで動いているわけで、

一回会社を辞めたり、新卒で失敗すると、

もう、まともな会社に行けないっていう状況に

なっちゃってるんだよね。

 

終身雇用っていうのは中途採用を取らないシステムだから。

 

そう考えるていくと、

そもそも妊娠や出産等で、会社を辞めるケースが多い女性の場合、

日本で食っていこうと考えたら、

もう中途採用がある『手に職系』しかないってなる。

 

で、そう考えたら、今、求人が多い分野で、

それなりに給料がもらえる『手に職系』の仕事といったら、

やっぱ『プログラマー』だと思うんだよね。

 

それにIT系企業って新興企業が多いから、

日本の伝統企業みたいな意味不明なイジメやパワハラも少ないし

良い大学でて、会社員なんてコースよりよほど良いと思う。

 

だから女性は、受験勉強頑張って早稲田や慶応いっても

基本的に意味がない。日本企業じゃ働けないわけだから。

 

それよりもITの専門学校いって、

確かなプログラムのスキルを身につけちゃう方が食っていける。

 

だって、大学に行くのは、

将来的に、食って行く力をつけるために行くわけで、

だから高額の授業料を払うわけで、

なのに、行っても飯食えんなら、行かない方がいいわけじゃん。

4年間という長い時間を無駄にしてしまう。

 

食えるようにならなきゃ、大卒資格なんかあっても、無意味も

いいとこなんだよ。

 

それに、

今は日本企業は、変化に対応できていない企業は多いので

業績を落としてる、そうなってくると、

これから、どんどんリストラが増えて行く。

 

で、40や50でリストラにあって、特別なスキルがないなら、

再就職なんか無いんだよね。

日本企業は年齢制限がきついから、35こえると、

ほぼほぼ採用しない。

 

公務員試験だって30歳までしか受けらんない。

 

そう考えれば、

いかに日本企業で会社員になるのがリスキーか理解できると思う。

 

独学でも専門学校いくのでも、

大学の情報系学部いくのでもいいけど、

兎にも角にも、

IT系のスキルを身につけて、

プログラマーとして食って行くのが良いと思う。

 

これから、リストラが吹き荒れる時代になる、

結婚してたって旦那が簡単に解雇される、

そんな時代、

だから、こそ女性が経済力をつけることは大事で、

日本は女性が稼げる仕事は専門職に限られていて、

選択肢が狭い。

 

再就職がない、と困ってるなら、

勉強して技術を身につけると良いと思うのだ。

 

どうであろうか?■