The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

日本企業に、ハイブリッド採用システムを提案したい!

近年、日本企業の低迷が著しい。

 

で、今回は、どうすれば

この低迷を脱出できるかを考えていきたい。

 

まず、日本企業の低迷の原因だけれど、

これは、終身雇用制度にある。

 

何でかというと

終身雇用制度だと新しい有能な社員を外から

とってこれないし、

逆に会社に合わない社員も解雇できない。

 

中途採用がないため妊娠出産があり一時的に辞める必要性が

でてくる女性も日本企業では働けないため、

会社の多様性も担保できない。

 

また、終身雇用制度から、解雇できない弊害として

長時間労働や、転勤などがあり、労働者自身にも

肉体的、精神的な苦痛が蓄積され、パフォーマンスが上がらない。

 

つまり終身雇用制度の弊害で

日本企業はダメになっているわけだ。

 

じゃあ、終身雇用制度を廃止すればいいじゃん?

って言ったところで、なかなか既存の社員やら社会の合意を得られず、

廃止はできないだろう。

 

そこで、終身雇用制度は存続しつつ、

欧米企業的な社員を解雇できるシステムを導入すればいいと思うんだよね。

 

つまり、

採用段階で、社員を終身雇用型のAコースと

欧米的な解雇可能を前提としてBコースの社員に分離して採用する。

 

そうすれば、Bコースなら、

女性も採用できるし、中途採用で外部から、人を雇用できる。

 

採用段階できちんとBコースであると、説明しておけば、

解雇されるとしても、大きな摩擦は起きないと思う。

 

できれば労働法を変えて、

Bコースと採用段階で説明すれば、解雇は可能とする。

 

このプリウスみたいなハイブリッド採用システムを

導入して社会に根付かせることができれば、

終身雇用制度が原因の弊害もなくなっていくし、

新卒一括採用で不況期に卒業した人が、

正社員につけない、なんていう現象もなくなる。

もちろん、

日本企業のパフォーマンスも大きく改善される。

 

終身雇用制度が無くせないなら、

終身雇用制度を残しつつ、欧米的な採用制度を併用して、

導入する。

 

この折衷案、

どうであろうか? ◾️