The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

育休問題の解決策

ネットで、ある朝日新聞の記事が話題になっていた。

 

それは、会社員の女性が、育児休暇をとると、

そのしわ寄せが、他の社員にきて

はなはだ迷惑だ、

という内容の読者の投書。

 

リンクが残っているか、わからないけれど、

とりあえず、その記事のリンクは以下です。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

さて、だ。

 

実際問題、育児休暇をとられたら、

大企業は公務員はともかく、

民間の中小企業なんか、もたない。

 

だから、結局のところ、

育児休暇をとる、なんて絵に描いた餅で、実現不可能なんだよ。

 

もし、強引に育児休暇を法制化し、

社員が育児休業をとれるように法的な強制力をもたしたら、

日本企業は、はなっから、女性社員を採用しなくなる。

 

そうすると、ますます、

日本企業の男尊女卑が進んでしまう。

 

じゃあ、どうすれば育児休業の問題を解決できるか?

 

答えはシンプルで、終身雇用制度を廃止すればいいだけ。

 

欧米圏では、女性が普通に働けているけれど、

実際、妊娠したら、首なんだよ。

欧米では。

だって、働けないわけで、育休なんか与えてらんないんだよ。

 

むしろ、育休制度に関しては日本の方が進んでいる。

 

じゃあ、なんで妊娠でクビになってしまう、

欧米で普通に女性が働けるのか?

 

欧米は、終身雇用がないから、解雇を簡単にされる。

でも、代わりに中途採用が普通にある。

日本のような新卒一括採用じゃないからね。

また、年齢制限で就職を阻むのも、違法になっているから、

日本みたいに35歳までとか30歳まで、なんかやったら

企業は営業できなくなる。

 

だから、女性が子育てで、会社を辞めても、

ひと段落つけば、再就職ができる。

 

日本は終身雇用制度があるし、

就職の際の年齢制限も厳しい、

だから、

一度を会社を辞めてしまうと、再就職がない。

 

だから、育休制度というのを設けて、女性が辞めないですむように

するんだけれど、

そうなると、結果、仕事が回らなくなる。

 

派遣社員で穴埋めっていっても、

派遣社員さんにだって生活があるわけで、いつ解雇されるか目処が立たない

育休の穴埋めなんかしてらんないわけだ。

 

だから、育休問題を解決する方法は、

単純に終身雇用を廃止して、

中途採用が中心の社会にしていくしかないわけだ。

 

それが、できないんだったら、

ますます、女性は子供を作れないわけで、

少子化が進んで行く。

 

政府は、女性の活躍、女性の活躍、うるさいほど喧伝してるけど、

結局のところ、

終身雇用制度がある限り、日本の女性は働けない。

 

政府は育休を推進してるけど、

推進すればするほど、

日本企業は女性を採用できなくなってまうから、

本末転倒もいいとこなんだよ。

 

女性の活用を本当に考えるなら、

終身雇用を廃止する。

 

それしかないですわ。■