The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

キャッシュレス社会に対する、疑問。

最近見たニュースで

ファミレスのロイヤルホストが、

クレジットカードと電子マネーでのみ支払いが可能の

実験店舗を作ると言うものが印象に残った。

 

わたしは昔、飲食店でバイトしてたことがあるんだけど、

飲食店って5時間に一回くらいは、レジのお金を計算したり

するんだけど、

これは、すごい面倒臭い作業なんだよね。

 

また現金がレジに溜まりすぎると、

金庫にお金を移す作業もあるし、防犯的にも危険。

 

だから、飲食店や実店舗で経営してる企業が、

キャッシュレスを望む、というのは痛いほど理解できる。

 

また客サイドにしても、

最近はクレジットカードで支払いをする人だと、普段、

現金を持ち歩いていないから、

クレカが使えない店舗があると困っちゃうんだよね。

 

私なんかも支払いは全部、クレカだからね。

 

でも、思うのだけど、

クレジットカードだと、学生やフリーターの人、あるいは未成年、

安定的な収入がない人なんかは、所有できないわけじゃん。

審査があるから。

 

銀行口座と直結している、デビットカードもあるけど、

あれは、16歳以下の人はもてないしね。

 

そう考えていくと、日本でキャッシュレス社会を実現するのは

相当、難しいんじゃないのかと思う。

 

やっぱ、誰でもが気軽に、使える仕組みを構築しないと

キャッシュレス社会は実現できない。

 

キャッシュレスは素晴らしい、素晴らしいって言っても、

実行可能な状況を作らないと、いつまでたっても日本は現金社会から脱却できない。

 

個人的には、デビットカードの年齢制限を撤廃して、

国家レベルで、デビットカードを普及させるとかしないと無理なんじゃないかと思う。

 

キャッシュレス社会を考えるなら、

クレジットカードを持てない人のことを、考慮しないと始まらないよ。

 

いろんな事情があってクレカを持てない人なんか大勢いるからさ。

 

今の非正規や貧困層の溢れる日本で、キャッシュレス社会を実現する

ハードルは相当高い。

 

そこを無視しては何もできないよ、結局。■