The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

もう工場労働者は、いらない。

最近、人手不足で、

工場に労働者が集まらない、という話を聞く。

 

自動車の派遣労働者が集まらないとかさ。

 

でも、今の時代、本当に工場に人手がいるのか? という疑問がするのだ。

 

全部、機械化すればいいだけじゃん、と思うのだ。

 

で、そうすると複雑な設計ができない、というかもしれないけれども、

はじめから、

機械がつくれるような、設計にしておけばいい。

 

それでも、どーにも人手がいる部分だけ、人を雇えば良いだけで。

 

そう考えて行くと、

もう海外に工場を作る理由もなくなるでしょ?

 

人件費がネックでオフショアに仕事を出しているのだけれど、

機械が作るとなれば、もう海外だろうが、日本国内だろうが、

どうでもいいわけじゃん?

 

で、機械が作れば、大幅なコストダウンが可能で、

安く作れる。

 

特に、これから、電気自動車の時代になるわけで、

電気自動車は、設計が単純なわけじゃん。内燃機関がないわけだし。

 

これなら十分、機械で作れるわけじゃん。

 

もう、人手を使って、単純労働をする時代じゃない。

 

同じ作業を繰り返す、これはロボットの仕事だよ。

規則性があるわけで、プログラムの真骨頂だ。

 

人がすべき仕事は、規則性のない仕事だよ。

 

もう純作業を人間がやる時代じゃない。0▪️