The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

雑誌も新聞もテレビもラジオも、世の中に必要がない。

コンビニいくと、入り口のところに新聞が売っていて、

窓際のところに、アンアンやら文春やら、

少年ジャンプやらエロ本やら雑誌が売っている。

 

売っているのだけれど、

これって本当に必要なのか? って思うのだ。

 

まず新聞。

こんなんネットで配信すればいいだけじゃんね?

 

わざわざ印刷する手間暇をかける意味がわからない。

ネットで売ればいいだけじゃん。

印刷する分、情報のスピードが遅くなるわけだし。

 

雑誌もそうだよ。

週刊新潮やら文春やら、マガジンとかジャンプにしたってさ、

こんなん一回、読んだら捨てるわけじゃん。

 

だったら、ネット配信でいいわけでしょ?

で、課金して買ってもらうようにすりゃいいだけで。

 

もう雑誌や新聞の存在意義が無いんだよ。

紙で出す、必要性が無い。まったく無い。

 

わざわざ輪転機まわして、莫大な時間をかけて刷る意味がないんだよ。

このネット時代で、みんながスマートフォンを持っている時代に。

 

ファッション雑誌とか、ファッションサイト作ればいいだけじゃん?

 

今なんか、まともなファッションサイトも情報系サイトも無いんだし

チャンスなんだよ。

 

あと、テレビ。

わざわざ地上波をつかって無料配信を全国にする意味がない。

ネットで、できるのだからさ。

 

だから、今すぐ、テレビの電波は停波すべきなんだよ。

で、あいている帯域をネットに回して、日本全国を無料のWi-Fiでつつんで、

ネット環境を全国民に無料で提供した方がよっぽどいいじゃん。

 

そうすりゃ、携帯代もほぼ無料になるし。

 

 あと、スポーツならダゾーンでみれるし、

映画やドラマならネットフリックスでみれるし、

NHKだって、ネットで流せるじゃん?

 

ラジオもそうだよね。

あんな音声だけの放送なんで必要なのか、意味がわからない。

ポッドキャストででも、流しておけって話。

 

もういらないんだよ。

雑誌も新聞も、テレビもラジオも、この世界に。

 

インターネットが無かったから、

紙媒体やテレビ放映をする必要性

があった、というだけの話。

 

もう時代は変わったのだ。

 

インターネットが誕生したのだ。

 

もう無意味に、雑誌や新聞、テレビ、ラジオを売る時代じゃないし、

買う時代じゃない。

 

昭和は遠くになりにけり、だ。▪️