The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

日本の憲法に問題はあるけれど、自民党には改憲を任せらんない理由。

自民党の安倍首相は

よく改憲したい改憲したい、主張しているけれど、

わたしは、

日本の憲法に問題はあるけれど、自民党には改憲を任せらんないって

思っている。

 

まず、憲法っていうのは民法や刑法とは大きく性格が異なる。

 

民法とか刑法みたいな憲法以外の法律は、一般人が、人を殺してはいけない、

強姦してはいない、ものを盗んではいけない、

したら、刑務所行きとか罰金だからね、っていうもの。

 

それに対して憲法は、

政治家や公務員に対する法律で、例えば基本的人権を守れとか、

そういうのが書かれていて、

政治家や公務員が暴走をするのを防ぐための法律なわけ。

 

ようは権力者を制限するのが憲法の意味なわけだ。

この憲法のルールに反する法律は、権力者サイドは作れない、

そういう仕組みになってる。

 

で、安倍首相をみていると、二点、憲法を変えたい意図が見える。

 

一つは自衛隊

憲法には軍隊をもってはダメだ、と明記されているけれど、

日本は自衛隊という名の軍隊を保持している。

だから、憲法に、軍隊を保持でできるとしないと、いろいろ問題が発生する、

だから、改憲したい。

 

これは理解できるんだよね。

 

実際、軍隊が無い前提で憲法が書かれているので、

緊急事態に軍隊をどう扱うか? という項目がないから、

自衛隊が暴走してしまうと、手が付けられない。

 

欧米の憲法には、この辺は書いてあるから、

危険なんだよ。今のままだと。

 

ここまでは安倍首相の主張は理解できる。

 

で、こっからなんだよね。

二点目に、どうも基本的人権やら、そういう国民の権利を

国が守らないといけないという制限を外そうとしている向きがある。

 

ここを外されると、

一気に戦前の日本みたいになる。

 

で、安倍首相は戦前の家族社会とかを理想としているし、

欧米的な人権の項目を外しにかかるのは、目に見えている。

 

だから、自民党には改憲を任せらんない。

 

そもそも今の日本国憲法だって、

アメリカが作って日本に与えたんだけど、

その制作過程において、

いろいろ日本の官僚や政治家がいじっている。

 

例えば女性の人権の項目とか日本は男尊女卑的で

不味いからあったのだけど、削除されてたり、

国民の三大義務、教育納税勤労の義務とかも、

あんなん憲法の権力を監視する性格に反しているわけで、

あとから日本の官僚や政治家が勝手に書き足している。

 

まあ、そんなわけで、

日本の憲法には改憲しないとダメな点はあるけれど、

自民党改憲すると、人権する無くなってしまう、というわけで、

なかなかに

隔靴掻痒という感じなのだ。

 

わたしは自民党改憲するのは反対だけれど、

将来的に、ある程度、信用がおける、政党がでれば

どんどん改憲していけば良いって思ってる。

 

実際、欧米圏じゃ、憲法をどんどんいじっているしね。

 

まあ、憲法を変えるには最終的に国民投票が必要だから、

あとは日本人の選択次第だよね。

 

日本はマスコミは、

記者クラブ制度で権力サイドに取り込まれているから

自分で読んで考えて、

日本人個人個人が投票するしかない。

 

あの朝日新聞だって戦時中は、戦争最高! ってノリだったわけで、

もう、

信じられる物は日本にはないんだから。▪️