The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

感情をコントロールできない人間は大人じゃない。

日本の社会や、

会社にいて最悪だと思うことは、

感情をコントロールできない人間が多すぎる、っていうこと。

 

政治家をメディアで見ても平気で怒鳴り散らしてるし、

一般の人でも、仕事で怒鳴り散らしてる人が多い、

そもそも

学生時代の教師もそうだった。

なんかあったら理由も説明しないで、怒鳴り散らす。

中には物にあたったり、男女ともに叫んだり、ヒステリックな人もいてさ。

 

怒鳴り散らしたり、喚いたり、物にあたったり、

そういうのって、周りの雰囲気が悪くなるだけで、

何もいいことがない。

怒鳴られた方も、理由を言われないから、意味がわからないしさ。

 

はっきりいって、ヒステリックで相手のことを考えられない

人間は子供なんだよ。

 

ただ喚くだけで、物事が改善して行く、と思ってる。

 

そりゃ子供なら泣けば、親がなんとかしてくれるだろうけど、

大人は違う。

 

泣いても喚いても、状況なんか改善しない、

ただ、良くなるように、頑張って、論理的に動くだけ。

 

欧米圏と日本を比較して一番、大きい違いはここなんじゃないかと

思う。

 

欧米圏いくと子供でも論理的話すし感情的にならない。

多分、日本の親みたいに、ギャーギャー怒鳴って躾をされていないから、

きちんと話して相手に理解させる、感情的なるのはダメって習慣が

身についているんだと思う。

 

日本人は、すぐに怒り狂う、大声をあげる、

そういうことが、恥ずかしいという感覚がない。

感情で、相手を支配しようとする。

 

そうやって親や学校に、躾をうけてきているので、

それが正しい、と思い込んでいる。

 

ようは、社会全体が幼稚なんだよ。

 

そうじゃなくて、

こうこうで、こうだから、それはダメだ、とか、

淡々と説明していけばいいだけなんだよ。

 

そいで、どうしても改善しないなら、

その個人を呼び出して、意図的に強めに言う。

人前でギャーギャー怒っても、相手のプライドを傷つけるだけで

なんも良いことない。

 

人前で怒鳴るなんか日本だけ、だからね。

異常なんだよ。海外では。

 

で相手を精神的に破壊して、

会社なら社員がいなくなったり、学校なら生徒が不登校になったりするわけで、

そういう教師や上司は、部下や生徒を破壊した責任は自分にあるってことを

何も理解していない。

 

ただ、相手のメンタルが弱いっていう。

 

でも違う。

 

責任は教師や上司にあるんだよ。たまたま、マトモな上司や教師に当たった

人が元気にやっているだけでさ。

 

だから、生徒や部下を破壊した教師や上司は責任をとって

辞めなくちゃいけないわけだ。

 

怒鳴り散らして、

相手のせいにすりゃ、そりゃ楽だろうけどな。

 

家で家族といったって、夫婦といったって、

上機嫌に装うのは、大人の条件だよ。

不機嫌な人がいるだけで、周りは最低の雰囲気になるんだから。

 

もし、あんたが、辛いなら、感情的に抑えられないなら、

河川敷にでもいって川に叫べば、いいのだ。

 

くそー!!、とか、死にてー!!、とかさ。

 

良い歳して、子供のように不機嫌な感情を平気で撒き散らす。

こんなん日本でしか許されない文化だよ。

 

ようは、世界では

感情をコントロールできない人間は大人じゃない、わけだ。

 

いいかげん、

日本社会の大人も、子供から大人になってくれませんかね?

 

良い大人が、ギャーギャー騒ぐな、泣くな、叫ぶな、

人生なんか、みんな大変なんだ、

耐えられないなら、黙って死ね、

本当にお願い致します。▪️