The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

いきなり、電気自動車になる時代です。

世耕経産大臣が、

「いきなり電気自動車にいけるわけでもない」という

コメントをしているニュースを見た。

 

これに対し、

わたしは

「いきなり電気自動になりますよ」と思った。

 

世耕大臣は業界のしがらみだとか、

今の電池の性能がどうとか、

航続距離だとか、

そういうのを心配しているのであろう、と思うのだけれど、

でも、

そうじゃない。

 

感覚的な問題。

 

今、名古屋に住んでいるのだけど、

道で、しばしばテスラの電気自動車をみる。

 

テスラの車は高いから、

おそらく富裕層で、家に充電設備のある人が乗っている

んだと思うし、

事実、

高級住宅やアパートの駐車場には、

電気充電の設備がついている。

 

まず、じわじわと富裕層に電気自動車が浸透しはじめているわけだ。

 

で、なんで電気自動車が普及するかというと

理屈じゃない。

 

理屈を並べれば、まあ、いくらでもあるのだけれど、

例えば、電気制御だからITと相性が良いだとか、

中国やインドの大気汚染を防ぐには電気自動車しかないから、

そういう多くの人口を抱える国が電気自動車に強制移動していくとか、

欧米圏が、法律で電気自動車しか使えないようにしている動きだとか、

ね。

 

でも、そういう理屈レベルの話じゃなくて、

電気自動車が走っているのを見ると

リーフでもテスラでも、

もう感覚的に、

「ああ、ガソリン車より、

電気自動車に乗りたい」

って思っちゃう。

 

だから、まずお金に余裕のある層が、電気自動車を買っている。

 

この感覚はまさしく、

iPhoneの出始めに似てて、

はじめはiPhoneなんか使いものに何ないよ、

って、日本人みんな思ってて、

でも

しばらくして、日本以外の欧米やアジアで流行して、

で、あれ? なんかiPhoneって便利でクールって雰囲気になって、

一気にiPhoneが普及した。

 

そのガラケーからiPhoneへの変化は、

ある日、一瞬で、起こった。

 

それは、もう劇的なまでに、刹那で変わった。

 

だから、

電気自動車も、まず、

日本では流行らないけど、

世界で流行し、そして一気に電気自動車に切り替わって行くと思う。

 

そして、日本と日本の自動車企業は取り残される。

 

ソニーNCCガラケーが刹那に消えたように、

トヨタや日産の自動車が刹那で消えて行く。

 

そして、海外の電気自動車のメーカーが日本の道路を席巻する。

 

そういう未来は、もうすぐソコだ。■