The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

独身税は、盗っ人に追い銭ですよ。

石川県かほく市

子育て中の女性がつくる「ママ課」なるものがあって、

その女性たちが財務省の官僚に、

子育てをしている世帯はお金がないから、

独身者に独身税をかけろ、と訴えた

というニュースをみた。

 

これを読んで思ったのは、

ほんと、日本人はお上に弱いな、である。

 

だいたい、欧州みてると学費が無料であったり、

医療費が無料であったり、

車の税金がほとんどゼロに近かったりで、

それでいて、税金をが本と変わらない。

 

つまり、日本人は日本政府にメチャクチャぼったくられてるわけじゃん?

 

だから、独身税をかけて、さらに増税し、政府に貢いで、

その上、貧乏人を増やしてどうするんだ? って思うのだ。

 

このママ課のメンバーの思考パターンは、犬だよ。政府の犬。

権威に尻尾ふって、媚び売る犬。痩せた思考だよ。

 

だから、そうじゃなくて、

犬じゃなく、人間なら、

子育て世帯が厳しいなら、

公立の高校や大学の学費を無料化しろ!!

だとか

免許のバカ高い費用車のバカ高い自動車税を下げろ!! とか、

医療費を無料にしろ!! とか

いくらでも、政府に要求することはあるわけじゃん??

 

なんで、そこで税金上げろ!! って発想になるんだよ。

しかも納税者サイドが。

 

もう、まったくもって

意味がわからない。

 

日本政府の官僚が実際に何をやってるか?

天下りじゃん。実際。

やってる仕事にしたって癒着やら汚職ばっかで、

しかも高給取り。

その高給の原資が税金なんだよ?!

 

言いたくはないけど、日本の官僚なんて

客観的に見てクズですよ。クズ。東大出てるとか関係ないって。

 

そんな連中にさらに、税金という名のお小遣いあげて

どうするんだよ!!!!

と世界の中心で叫びたいわ(←古いな、おい)。

 

ようは

政府に対する、

盗っ人に追い銭ですよ、独身税なんざ。

 

かほく市ママ課の女性に、よく考えて欲しい。

 

独身税を提案する他に、

勇気を持って、

政府の官僚に提案することがないのかを。■