The Catcher in the Rye

日記です。無断転載、無断引用、オーケーです。

日本企業に入るデメリットが多すぎる件。

今回は、日本企業に入るデメリットを考察したい。

 

まず高校や大学、専門等の新卒で会社入れたとしての前提で。

 

まず長時間労働でしょ。有給休暇がとれないなんてザラ。

 

次にパワハラ、セクハラ、イジメ、これは本当に世界的に見ても

凄まじい。こんだけ会社員がバタバタ自殺している国も珍しい。

 

次に、精神あるいは肉体的に限界がきても、

日本は中途採用がないから、再就職が厳しいから辞めるっ選択肢がとれない。

 

で辞めちゃうと、一生非正規コースにのっちゃう。

 

さらに女性だと妊娠出産がある、強制解雇コース。

 

結婚や子供を諦めれば、良いって話もあるけど、それはそれで辛いだろう。

 

ほいで

男でもイジメ、パワハラ、病気でもすりゃ、アウト。

転職できないっていうのは、恐ろしくリスキーなわけだ。

 

それから、転勤。

会社の命令に、終身雇用社会だと逆らえないわけで、

突然、東京から島根なんかに飛ばされる。

 

こんなん、されたら、結婚も恋愛もできねーよって話になる。

 

また、入れたのが大企業ならいいけど、

中小企業だと残業代も出ないし、給料も安いし、悲惨もいいとこ。

 

上記した、日本企業に入社するデメリットをまとめると

 

1、長時間労働

 

2、イジメ、パワハラ、セクハラが横行する労働環境

 

3、イジメやパワハラ、妊娠出産等で辞める事になっても再就職が不可能

 

4、強制的な転勤命令に逆らえない

 

これだけクリティカルなデメリットが日本企業に就職すると

もれなく付いてくる。

 

それでも、あなたは日本企業に行きますか? と

問いたい。■