The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

ハゲ問題と女性の経済力と

自民党豊田真由子衆議院議員が秘書の男性に対し「ハゲ」やら「死ね」やらパワハラをして、その男性秘書が辞めて豊田氏を訴えているというニュースが世間を騒がしている。

 

この事件を受けて、女性が経済力をつけると大体、男性と同じことをするんだな、と感じた。

 

石原慎太郎さんとか日本のお笑い芸人の男性とか、平気で女性の容姿をけなし「ブスだ」「厚化粧だ」と貶めていて、それに対して、日本のフェミニストやらが怒る、というケースがよく日本は見られるけど、近年、女性が経済力をつけて男性より地位や経済力を身につけた結果それで、どうなったか? というと、その地位や経済力を盾に女性から男性に対するパワハラやセクハラが始まった。

 

また経済力をつけた女性を見てると自分より10も20も年下の男性と結婚や恋愛をするようになってきていて、結局、女性がお金と地位を得てやる事は男性と何ら変わらなかったという事なんだと思う。

 

結局、日本人は男性も女性もお金や地位があると若い美しい身体をもつ相手と付き合いたいし、自分より弱い立場の人の容姿をけなして、パワハラをし自分の力を誇示したいのであろう。

 

女性は男性より、心の共感力強いゆえに相手に気が使える、とされていたけれど、単純に、昔は、女性にお金や地位が無かったため、共感力を磨き、男性社会で生き延びてきた、というだけなんだろう。

 

男は女をバカだというし、女は男をバカだというけれど、こうやって突き詰めて考えていくと、同じ国の男女は大体、同レベルなんだよね。

 

そりゃ同じ環境、同じ教育で育っているわけで知性に大きな差なんかでるわけがない。

 

日本の女性は男性を平気で「ハゲだ」「臭いだ」「経済力なかったらゴミだ」と貶し、日本の男性は女性を「ブスだ」「30越えたら、価値がない」などと貶す。

 

本人がどう仕様もない事で、攻撃し相手を貶め、相手の心を傷つけ、勝ち誇る。

 

まあ、言っちゃ悪いけど精神性も知性も猿と変わらんね。日本の男女は。

 

本人の力でどう仕様もない痛みを、攻撃するなんて、下品すぎる。

 

恥を知るべきだ。

人間と動物を分けているのは恥を知っているか、どうかだよ。⬛️