The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

日本が売春を合法化すべき理由

最近、

エイズや性病が

増加しているという

ニュースを見た。

 

この原因については

書いてなかったけれど

もう理由ははっきりしている。

 

中国人観光客が増加していて

日本旅行

ついでに

日本女性を買っているんだよね。

 

中国人には病気のキャリアが

多くて

風俗が起点になって

病気が蔓延しているわけだ。

 

日本って

基本的に男尊女卑的な社会だから

女性が働けない。

 

だから

売春ぐらいしか

仕事がないわけだ。

 

例えば専業主婦で離婚した人は

まず再就職がないから

売春して子供を育てているって

ケースはよく聞くじゃん。実際。

 

だから

日本女性は仕事がないし

生活保護も実際、

ほとんど出ないという現実があるわけで

実質、売春が生活保護の代わりなのだ、日本女性の。

 

つまり売春が日本女性の事実上のセーフティネットになってるわけだ。 

この状況は

終身雇用制度や新卒一括採用といった

日本の労働システムとリンクしており

早急な改善は

まず見込めない。

 

であるなら

売春をきちんと合法化して

病気にならないように

健康管理するのが合理的。

 

違法化してるから

病気に対する対策も打てず状況が悪化するわけだ。

 

実際、

欧米圏ではオランダとか

売春が合法の国も多い。

アジアだと台湾が合法だった気がする。

 

売春は悪だ、売春は悪だ、

言うのは構わないけれど

実際、

日本は風俗がないと

生活ができない女性が多い国なわけで

綺麗事いってないで

現実に即して合法化すべきなのだ。

 

離婚して再就職が無く

子供を風俗で働いて

育てている女性は

多くいて

そういう女性が

エイズになったら

その子供はどうなるのか?

って話なのだ。

 

綺麗事じゃ飯は食えない。

現実を織り込まないクソ意見なんか

共産党朝日新聞だけで十分だ。◼️