The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

103万の壁と、女性の社会進出と、牛丼と。

最近、配偶者控除の額を103万から

150万に政府が上げようとしているというニュースを見た。

 

そのココロは、

女性の社会進出を促すためという。

 

まあ、

専業主婦のパートでも、

年収103万を超えることは

十分ありうるから、

上限を上げることに意味はあろうぞ。

 

しかし、である。

 

本当に女性の社会進出を促すのであれば、

やはり、

私は終身雇用制度の廃止しかないと思うのだ。

 

当ブログで再三再四、書いておるが、

女性は、

妊娠・出産のため

新卒で入った会社を辞めざるを得ない。

 

で辞めちゃうと、

新卒一括採用の日本だと中途採用がないため再就職がない。

 

だから女性は正社員で働けなくなり

低賃金労働のパートしか選択肢がなくなるというわけだ。

 

これが、日本女性の所得が欧米に比して

低いカラクリである。

 

その上で、だ。

 

非正規労働で稼げる給与が、

103万から150万に変更されたとして

それが政府の言うように

女性の社会進出と言えるのだろうか?

 

これは明確に、NO、であろう。

 

もし政府が、

本当に女性の社会進出を促す気持ちがあるなら、

終身雇用制度を廃止し

通年採用で中途採用中心の欧米スタイルの世の中に

しようとするはずだ。

 

中途採用が普通の世の中なら

妊娠・出産・子育て等で一回やめても再就職できるから

女性が欧米みたいに普通に仕事できるようになるのだ。

 

結局、

こうして順を追うて分析していくと

政府たる自民党には

女性の社会進出を促す気など

1ミクロンもないのだ。

 

彼らの本音は、

バカな女どもは時給800円で

死ぬまでチェーン店で牛丼でも作ってろ! だ。

 

つまり、

日本は今、低賃金で働くバイトが少子化のあおりで

足りない。

 

で、その低賃金労働を

控除枠を増やすことによって正社員になれない主婦にやらせようぜ! っていうわけだ。

 

何が女性の社会進出だよ。まさに詭弁だね。

 

外国人技能実習生の実態が

低賃金労働者であったりするのと同じ。

 ただのレトリックだ。

 

いつまで官僚や政治家は、

こういう真似を続けるのかね?

 

はーーー(深いため息)。■