The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

子供は親を選べない。

大阪の小中学校における

給食費滞納のニュースをみた。

 

以下が、それである。

 

滞納給食費対策、弁護士が回収 11月から大阪市委託、政令市初 - 共同通信 47NEWS

 

学校給食費の滞納対策として、大阪市が11月から回収業務の一部を弁護士

に委託することが24日、分かった。

 

市によると、2015年度末までの滞納総額は小中学校で計約1億1300万円。

政令指定都市で初めての試みで、催促業務に追われる職員の負担軽減を目指す。

 

市によると、弁護士は滞納者からの相談対応や高額滞納者への督促などを担当。

報酬は出来高制で、本年度は約2千万円分を委託する。

 

 

 

 

 

  
  
みなさん、このニュースどう思いますか?
 
2chなどのネットの反応を見ていると、
強引にでも、
親をとっ捕まえて、
給食費用を払わせろ! 
という意見が多かった。
 
しかし、だよ。
 
わたしは、給食費なんか無料にしてしまえ!
と思うのだ。
 
今は、
少子化で子供は宝という状況。
この状況を改善していくなら、
学費はできうる限り
ゼロに近い状況にしていけば
良いではないか?
 
詳しくはないが欧州だと、
子供が小学校に上がるときは
国からランドセルやノートなど
必要なものが配られるという。
 
このように経済的に
子育てしやすい環境を構築することが重要
なのではなかろうか?
 
子供は、産まれてくる親を選べない。
 
裕福な家庭もあろうが、
貧困な家庭、暴力をふるう親の家庭など、
いろいろあろう。
 
その生まれ
による、
本人は、どうにもできない貧困を
社会でサポートして
普通の生活を送れるようにするという考えが
重要ではなかろうか?
 
日本が少子化なのは子育ての負担を、
個人や家庭に押し付けているからだと私は思うのだ。
 
そうではなく
欧米社会のように、
子供を社会全体で育成していくという形にしないと、
いつまでたっても
少子化は解消されないと思うわけだ。
 
みなさん、どうであろう?■