読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

終身雇用制度という名の死神

社会

f:id:aki_pwd7:20161012123323p:plain

 

最近おきた電通は、新入社員の自殺事件について論じたい。

以下は、その事件の東京新聞の記事の抜粋である。参考にして頂きたい。

 

東京新聞:電通新入社員自殺 繰り返された悲劇 長時間労働是正、道半ば:社会(TOKYO Web)

 

広告大手代理店の電通に勤めていた新入社員の高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺したとして、労災が認定された。電通では一九九一年にも、入社二年目の若手社員が過労自殺し、遺族が起こした訴訟は過労死の企業責任の原点となった。長時間労働の是正が叫ばれる中、それに逆行するように、高橋さんの残業時間は月八十時間超の過労死ラインをはるかに超えていた。専門家は「企業の脱長時間労働への取り組みは道半ばだ」と語る。 (中沢誠)

「会社は過労で社員が心身の健康を損なわないようにする責任がある」。九一年に電通で起きた過労自殺をめぐる二〇〇〇年の最高裁判決はこう指摘し、電通の責任を認めた。過労自殺に対する会社の責任を認める司法判断の基準となった。

 その電通で、悲劇は繰り返された。昨年四月に入社した高橋さんは、本採用となった十月以降、業務が増加。月の残業時間は最長で百五時間に達し、十二月に自ら命を絶った。高橋さんが書き込んでいた会員交流サイト(SNS)では、上司からパワハラとも取れる発言を受けていたことも明かしている。

国内では二〇〇〇年代に入って、過労自殺や過労うつは増加傾向。中でも、目立つのが若者たちだ。〇八年にワタミグループで過労自殺した女性社員も入社一年目だった。この社員も月百四十時間超の残業を強いられていた。

 

さて、だ。 

みなさん、この事件の原因は何であろうか?

 

しばしば、ネット上では、

「彼女が真面目すぎた」

長時間労働だから」

パワハラ・セクハラがあったから」

等の指摘があるが、

どれも私は異なると考える。

 

確かに上記のような要因もあろう。

 

しかしである。

仕事が苦しいなら、

彼女は電通を辞めればよいだけだったのだ。

 

おそらく、

厳しい精神状態の中であっても、

彼女の脳裏に退職というカードは

切り札の候補にあがっていたであろう。

 

だが、彼女は、

そのカードを切れなかった。

 

そこにこそ、この事件における

闇があるのだ。

 

日本の労働市場は、

終身雇用制度で動いている。

つまり大学を出て新卒で会社に入り、

その企業に一生所属する前提で動いている。

 

現実では倒産やリストラなどあるのだけれど

そういう事象が終身雇用制度には

織り込まれていない。

 

よって日本企業は基本的に

中途採用を行わない。

 

そういう日本の労働環境下で、

新卒で入った会社を辞めるということは、

再就職が

非常に、厳しいことになる、

ということを意味する。

 

いや、そんなことないよ。退職しても仕事あるよ。リクナビとかも

いっぱい仕事があるじゃないか?

 と

みなさんは思われるかもしれない。

 

しかし

新卒で入れる会社と比べて条件が

かなり悪化するケースが多い、

そして

その結果これからの人生が一気に不安定化するのが

目に見えてしまう。

 

だから彼女は

会社を退職することが難しかった。

 

そして心理的に追い詰められ

その人生を終えることになったのだ。

 

もしも日本が、

欧米のように終身雇用制度などなくて、

簡単に解雇できる社会であったなら、

あるいは、

中途採用のある転職社会であったなら、

彼女は会社を辞めて

次の仕事先を探す、

という行動ができたはずなのだ。

 

武蔵野大学の教授が、

以下のように、

残業100時間程度で死ぬのは情けない

とおっしゃっていた

ようだが、

これは間違いであると思う。

 

www.sankei.com

 

なぜなら、状況や彼女のTwitterから考えて、

残業は100時間を軽く超えていたであろうし、

パワハラやセクハラも、

常習的に

あったであろう。

 

もう新入社員に耐えられるであろう

水準の業務ではないのは明白であろう?

 

つまり

電通長時間労働パワハラ・セクハラのある企業だ、ということだ。

そして、にもかかわらず彼女は辞めることができなかった。 

 

なぜならそれは日本に転職を困難にする

終身雇用という制度があったから

なのだ。

 

だから彼女は電通に殺されたのではない。

 

終身雇用制度という名の死神の鎌で

その首を

切り落とされたのだ。

 

そして死神は

今も日本社会の中で、

次のターゲットを探している。■