The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

地方に人を呼び込む方法

 

f:id:aki_pwd7:20160929194738p:plain                

 はじめに

 

最近、しばしば地方都市が人口減少で困っている、

というニュースを目にする。

 

地方都市、つまり田舎は仕事が少ないので若い人が仕事を求めて

都心に行ってしまうのだ。

 

先立つ物がないと人間、生きていけません

からね。

 

国やNPOが、若者を田舎に誘導しようって頑張ってるけど、

仕事がなければ、結局どうにもならない。

 

そこで、今回は田舎に仕事を作る方法を考えていきたいと思うぞ。

 

 ネット通販

 

1つ目、これは、もう田舎の人はやっている人が多いけど、

田舎の農作物や特産品、生鮮食品をネットで販売することだよね。

高知の新鮮な野菜とか、

北海道で育った鶏の新鮮な卵、

九州の明太子とか。

 

アマゾンや、楽天を通してもいいし、自分でホームページを

作って、そこで販売するのもいい。

 

もしくは下記のような無料のネットショップ作成サービスも

多くあるので、そういったサービスを使うのも良い。

 

thebase.in

 

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

 

 

これで、少し仕事ができるよね。

ECサイト、つまりネットで販売できるHPを作る仕事の

需要が増えればIT周りの仕事も増えるかもしれないし。

 

まあ、これは、すでにやっている人は多そう。

でも、やっていない農家の人は、いますぐチャレンジしても良いと思う。

ほとんどリスクもないと思うし。

 

上記の無料のECサイトを作るHPを利用してもいし、

自分で勉強して簡単なECサイトを作ってもいい。

 

           

 シェアリング・エコノミー(共用する経済)

 

2つ目、Airbnb(エアビーアンドビー)

UBER(ウーバー)みたいな

ネット・サービスの解禁。

 

Airbnbは民泊で自分で家を宿として貸し出す、

UBERは自分の車をタクシーにするというようなサービス。

 

こういうネットサービスをシェアリング・エコノミーという。

つまり、シェア(共用)するエコノミー(経済)というわけだ。 

 

シェリング・エコノミーについては、下記のサイトが詳しいので

一読してほしい。

 

wired.jp

 

 

さて、

日本の都心だと、民泊ビジネスや配車ビジネスを

法律で規制しているケースが多い。 まあ、やっている人は多いれども。

 

ああいうのを地方自治体レベルで合法化する。

もう、こういうシェアするネットシステムは、

これから、確実に広がっていく。

大きい自治体が対応できないうちに先鞭を打つわけだ。

 

そうすれば、田舎なら観光客がきて、民泊や配車サービスを

使うだろうから、

そこに仕事が生まれる。

 

仕事のない田舎こそ規制緩和先行者利益を狙う。

お金もかからんしね。

 

 解雇規制撤廃特区

 

3つ目、これが今回のメインで言いたいこと。

自治体レベルで企業を誘致してしまえばいい。

工場でも、企業の本社でも、一気に地方に来てもらう。

 

そんなん、田舎に来るわけないじゃん、と思うでしょ。

その可能性は大きいけど、

ちょっと工夫するわけ。

 

今の日本って解雇規制が厳しいから人が雇えない、っていうのが

あるわけじゃん。

特に外資系とか社員をクビに出来ないってのは嫌がる傾向がある。

 

だから、政府と折衝して、特区にしてもらって、

その地域内、高知なら高知全体を従業員を解雇可能にする。

これだけのことで

企業が誘致できると思うんだよね。

 

それほどに、雇用の流動性っていうのは重要。

 

大阪や福岡が解雇規制撤廃の特化になったら、

東京を軽く経済規模で抜けると

思うんだよね。

       

 まとめ

 

結局、地方の人口がどんどん減少しているのは、

仕事がないから、

そこを突き詰めていくと、

日本が中央集権体制で、

関東に人、物、金を集約させているため、という事になる。

 

だから、究極的には、

中央の国会で、かつて元大阪府知事橋下徹さんが

主張していたように、

欧米型の地方分権体制にする道州制にするしか、

地方が復活する道はない。

 

いろんな、延命策をしたって、仕事が集中する関東に

若者を吸い取られたら、どうしても地方に未来はないよ。

 

最近みたニュースで東京の若者を対象に、大阪府が数億円かけて、

関西で就職してもらおうとしたけど失敗した、というのがあったのだけど、

やっぱ仕事自体が少ない土地に若者を呼び込むというのは、

基本的に難しい。

 

地方の人たちは、中央に道州制を志向する政治家を送り込むことが、

長い目でみれば大事になってくる。

 

まあ、なかなか大変だけど。では、またね。◼️