The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

AmazonでDellの3万円のPCを買って思ったこと

f:id:aki_pwd7:20160712184541j:plain

 

最近、AmazonDellの3万円のPCを買った。

  

Dell ノートパソコン Inspiron 11 Celeronモデル ホワイト 17Q11W/Windows10/11.6インチ/2GB/32GB

 

なんで、このPCを買ったかというと、

私は、普段、マックブック・エア11インチを使っていて、

ウィンドウズを触っていないから、

どんな感じなんだろ、

と思ったのと、

3万円くらいの格安PCって、どんな感じなんだろう、という

好奇心が働いたからだ。

 

以下に、1週間ほど使った感想を書いていきたい。

 

このDellのPCはモバイルPCで、重さは約1キロで非常に軽い

体感的にはマックブック・エアとそう変わらない。

バッテリーの持ちも、代替、同じくらいで10時間ぐらい持つ感じ。

Wi-Fiの掴みも、マックと変わらない。キータッチも素晴らしい。

 

CPUはセレロンでメモリは2G、記憶領域は32Gで、

簡単なネット閲覧や、メール、文章をつくるくらいなら十分な感じ。

マックに比べると動作は、もっさり、しているけれども。

 

つまり、複雑な作業をしないなら、十分実用に耐えるわけだ。

 

Amazonを、みていくと、キンドルファイアの

ようなタブレットPCは1万くらいであるし、

スマホも、中国製のならば、1万くらい。

 

つまり、

PC、タブレットスマホというネット環境を

構築するのに、今って約5万円でできてしまうのだ。

 

確かに、

アップル製品やハイスペックの高額商品で揃えた場合に

比べれば、

性能や快適性は劣るけれども、

必要最低限のことは十分できちゃう。

 

アップルで、同じようにそろえたら、

マックが15万、iPadが10万、iPhoneが10万で、

約35万。

 

格安セットの5万に比べると、実に7倍。

ちょっと、いろいろ考えさせられる価格差だよね。

 

なんにせよ、

今の時代、五万円もあれば、十分なネット環境が構築できる。

 

つまり、Wi-Fiの環境さえあれば、

誰でも、ネットに接続し、何かを作ったり、

電子書籍を読んだり、スマホで、何かを調べたりできる

時代に突入している。

 

これは、つまり、

世の中がインターネットを中心に動きはじめる、

インフラが整いつつ、あるってことだと思う。

 

どういう時代になっていくのか、非常に興味深いね。■