読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

専業主婦こそ、政治家を目指すべき

f:id:aki_pwd7:20160929202048p:plain

今月は、参院選に都知事選と選挙ラッシュ。

それで立候補者名簿をみてみると、

こう言っては何だけど、

投票したい人がまるでいない。

 

いや、むしろ、ゲロ吐きそうなメンツだよね。

 

ツイッター見てても、

テレビを見ても、

仕事してても、

日本には、優秀な凄い人たちが吐いて捨てるほどいるにも、かかわずだ。

 

じゃあ、なんでマトモな人が候補者にいないのか?

まず一つ目に考えられるのは供託金。

都知事選にせよ、参院選にせよ、

でるだけで300万もいる、まあ払えませんよ。普通。

 

そして二つ目、

日本は終身雇用社会だから、一度、会社を辞めてしまうと再就職がない。

特に参議院議員とか、都知事選は、30歳以上じゃないと立候補できない規定がある。

 

30代以上っていったら家庭をもっている人多いわけで、

そうなると、家族の生活を考えたら、まあ、立候補なんかできませんわ。

子供の食費どうだるんの? って話になるわけで。

 

そう考えると、ほとんどの日本男性は、

政治家に立候補することすら不可能なわけだ。

その結果、当然のように世襲政治家やら、怪しい宗教団体やらが跋扈する

腐敗政治が継続する。

 

でも、供託金の問題は横に置いて考えるなら、

専業主婦で、ちょっとパートをやっているみたいな人は、

政治家に立候補できると思うんだよね。

主たる収入は、基本的に旦那さんが稼いでいるわけで、

収入的な意味では冒険できる。

 

それに子育てで退職した女性は、実際、再就職ないでしょ?

日本は中途採用しないのだから。

そうなってくると、大卒で仕事の経験もあるけど、マクドナルドでハンバーガーを時給700円で焼いている、とかするしかないわけで。

 

だったら、政治家に立候補しちゃえばいいと思うのだ。

 

参院選や都知事選は、ハードルが高すぎて、無理にしても、

地方議会選挙、例えば大阪府議会とか東京都議会とかなら、

供託金は50万ぐらいだし、比較的現実的な額で、立候補しやすい。

 

その上で、日本の政治家の給料は、世界最高水準で非常にお高い。

 

地方議会の議員だって、月の給料は100万ぐらいだしボーナスもあるから

年収にして1500万円は硬い。

そいで、任期は4年あるから、もろもろで相当稼げるよ。

しかも、議員なんか殆ど、仕事が無いのだ。

 

供託金というリスクはあるけど、年収1500万。

普通の会社員じゃ、ありえないほどの好待遇。

 

主婦にみなさん、マクドナルドでハンバーグ焼いてる場合じゃないと

思いませんか?⬛︎