読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

この世界の片隅で、と見えない焼夷弾。

ネットで良いと話題だったので

会社帰りに「この世界の片隅に」というアニメ映画

を見てきた。

 

内容は

昭和18年(1943年)の広島を舞台に

太平洋戦争という

厳しい時代を

主人公のスズという女性が

強く逞しく

生きていくという物語。

 

こう書くとシンプルな

プロットだけど

胸を素朴に打つ作品で

非常に良かった。

 

そして

この作品において

タレントのノンさんが主人公スズの

声優をしていたのだけど

声の演技だけでも天才女優は

やっぱ天才女優

なんだな

と思った。

 

芸能事務所とケンカして

業界に干されてるらしいけど

、日本って

こんな感じで

個人が動けないように

利権でガチガチに固めちゃっていて

個人が表現がしにくい。

 

芸能界は事務所の利権でガチガチに固めてられていて

事務所の顔を伺わないと

タレントは何もできない

システムになっているわけだ。

 

最近だとSMAPの解散は

ジャニーズ事務所の力をまざまざと

世間に見せつけた。

 

これは芸能界だけじゃなくて

会社員もそうで

中途採用がない終身雇用社会だから

会社員は転職できず

会社に反抗できず

会社の奴隷みたいになってしまう。

大企業における断れない全国転勤とかね。

 

こういった

個人を殺すシステムが

日本全体に網の目のように

ほどこされ

権力者が

やりたい放題できるシステムが

できあがってしまっているわけだ。

 

政治家が世襲ばっかであったり

会社員が転職できなくて

電通事件が起きたり

日本の芸能人が

ハリウッドスターのように

自分を表現できなかったりするのも

全部繋がっているのだ。

 

この映画のなかで

子供に赤紙がきて

本当は悲しいけど

両親や知り合いが

バンザーイバンザーイ

というシーンがあった。

 

こういう見えない圧力で

本来、悲しいのに

それを表現できない状況があって

今の日本も

いろんな圧力で

みんな感情を押し殺していて

そういう意味性において

戦時下の日本も

今の日本もたいして変わらない

なと感じた。

 

戦争で何万人も亡くなって

それは悲しい事であったが

今の日本だって

年間に3万人もの人が自殺しているのだ。

 

 冒頭で

こんな悲惨な過去が

昔の日本にあったのだ、と

平和ボケをしていてはいけない、

いうような事を監督が仰るシーンが

あった。

 

確かに今の日本は

食べ物がいっぱいあり

街に焼夷弾も飛び交ってなどいない。

 

しかし、

現実には

多くの人が社会の圧力で

日本は自殺している、

ある意味で

戦時下と同じ厳しさなのだ。

 

我々が今生きてる日本は

監督が仰っているような平和な世界なんかじゃない。

 

見えない焼夷弾が降り続けているのだ。◼️

 

 

 

 

 

 

 

女性が働けない社会では、恋愛結婚は成立しません、の巻。

最近、

逃げるは恥だが役に立つ

という漫画が好きなのだが、

みなさん、

ご存知であろうか?

 

この漫画はTBS系列で、

人気女優、新垣結衣さん主演でドラマ化

されたので

知っている人も多いのではなかろうか?

 

内容は、結構シビアで

高齢童貞のエリート・津崎(30代男性)と

心理系の文系大学院卒で就職できず

非正規の派遣社員すら解雇された

森山みくり(20代女性)が

契約結婚をするという

現代社会を鋭く風刺している漫画だ。

 

こういうテーマ性のある

漫画や小説は

日本では、あまり見かけないので

おすすめである。

 

そして、

その漫画の中で

イケメン・エリートの風見に婚活をしかけ

強くアプローチをする女性キャラが出てくるのだが、

わたしは彼女のセリフが強く印象に残った。

 

イケメンの風見が彼女に、

「なぜ、そんなに結婚したいか?」を質問する。

すると彼女は答える。

 

「子供を産むためのタイムリミットと

将来への不安ですね。

 

逆に言うと

子供をもう産んでいる

もしくは産まないと決めて

お給料のいい職についていれば

結婚をする理由は

ないのかもしれません」

 

これである。

 

身も蓋もない話であるが、

日本における結婚とは、

突き詰めて考えれば

愛を起点にするものではなく

経済的な契約なのだ。

 

日本は男尊女卑的な

傾向が社会に強いため、

基本的に女性は仕事をできず

結婚しないと生活が

できない。

 

その生活の手段として、結婚があるわけだ。

 

いわゆる恋愛映画のような結婚は、

欧米のように男女がともに普通に稼げるという前提があり

初めて成立するのだ。

 

1936年にアメリカで出版された有名な

マーガレット・ミッチェル

南北戦争時代(1861年ー1865年)のアメリカを舞台にした

風と共に去りぬ」という小説がある。

 

その物語において

絶世の美女の主人公、スカーレットは、

経済力がないため、

好きでもない経済力のある男性と

生活のための結婚と離婚を

繰り返し、歯を食いしばって

激動も時代を生き抜いていく。

 

その困難に負けない彼女の強い姿に

心を打たれる名作なのだが

 日本の状況は、

この物語の舞台である

1800年代のアメリカに近いとわたしは思う。

 

つまり、当時のアメリカのように

現代日本では

結婚は、愛のため、というより

生活のためにするものなのだ。

 

だから

漫画の婚活女性がいうように、

経済力があれば、

別にしなくてもいい、となる。

 

女性は男性に経済的安定を期待し、

男性は女性に、

出産や家事育児を期待する、

それが日本の結婚の実態なのだ。

 

そこに愛が入り込む余地はない。

きわめてビジネス・ライクな関係性なのだ。

 

だから、婚活をするなら、

女性は、経済力のある男性を狙わないとダメなわけだし、

男は経済力がないなら、

そもそも婚活はできない、

そういう婚活の前提条件を整理しないと

なかなか上手くいかない。 

 

そう、

日本の婚活に、愛はいらないのだ。

 

女性が働けない社会では

恋愛結婚は成立しえないのだ。

 

リアルな生活の前に愛だ

なんだ、言ってらんないわけだ。

 

近年の恋愛離れは

漫画やドラマでみる理想としていた恋愛結婚と

現実の生きるための結婚の間の

ギャップに

幻滅した結果なのかもしれない。■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の女性が大学に行くべきでない理由と、めざすべき仕事。

統計データをみると

日本は女性の貧困率が突出して高い。

 

これは

女性が働きにくい

日本の社会構造であったり

働けても

日本企業での女性の給与が低すぎて食えない

という状況があるからだ。

 

なぜか?

 

日本は終身雇用制度で

これは

男性は仕事、女性は家、

という前提で制度設計

されているため

どうしても女性が働けないのだ。

 

もし欧米ライクに

女性が普通に仕事をできるようにするならば、

終身雇用を廃止して

いつでも会社サイドが解雇できるようにし

中途採用中心の社会にするしかない。

 

なぜならば

女性は妊娠・出産があり

キャリアの中断があるため

終身雇用制度下だと

仕事が

できないのだ。

 

だが

社会や政治動向をみていると

終身雇用を維持したい勢力が非常に強いので

むこう100年、女性が働けない状況は

続くはずだ。

 

だから、

日本女性の場合、漠然と大学に行ったり

漠然と中卒や高卒で

就職してはダメなのだ。

 

それだと仕事が見つからず貧困層に堕ちてしまう可能性が高い。

 

故に正攻法で就活してはダメだ。

 

ベトコンよろしくゲリラ戦を展開するしか勝機はない。

それを以下に考えていきたい。

 

だが

確かに近年

一部の大企業において

女性も十分稼げ

産休・育休制度も整えられていることも

また事実だ。

 

しかし、これは

あまりに狭き門なのだ。

 

現役で有名大学に入学し

且つ

突出した容姿や知性、

コネクションなどが自分に

あると判断すれば

制度の整った大企業を目指すのもいい

これは余りに高倍率で

針の穴を通すような作業だ。

普通の人には、まず無理だ。

 

私の知り合いで

国立大学(旧帝大)の法学部を

卒業した女性がいたが

新卒で中小企業の事務員をして

年収200万もいかなかったことから

実家から出ることもできなかった。

 

そこで

彼女は看護師の専門学校に入り直し

今は看護師で年収600とかで

一人暮らしをして元気にやっている。

 

これは1つの例だが、

国立大を卒業しても

こういう状況なのだ。

 

私の考えだと

現在の日本で女性が食っていける仕事は

基本2つしかない。

 

1)公務員

妊娠・出産をしても

クビになる可能性がなく

女性でも普通に稼げる。

 

日本女性なら

まず第一に考えるべき選択肢だ。

 

高卒で目指すと

なり易いというのもポイントだ。

 

公務員にも教員や事務員や

いろいろ、バリエーションがあるようだし

よく調べ、やりたい公務員を目指すと

良いと思う。

 

とにかく

女性は、とりあえず公務員は

絶対に考えに入れるべき選択肢だ。

 

また現在、大学にいる人、既卒の人も目指せる。

30ぐらいまでと年齢制限はあるが

めざす価値はある。

 

2)資格職

 

薬剤師、看護師、

医師、理学療法士

このような資格職。

 

あるいは

あまりに高難易度だが

弁護士、司法書士や税理士などもある。

 

 弁護士や税理士資格をとるための

手段として

大学に行くのはアリだと思う。

 

ただ、この場合試験は恐ろしく難関だ。

人生、一度きり

博打にでるのもアリだと思うし

もう無理だと判断したら即時に

公務員試験に切り替える事でリスクヘッジできるはずだ。

 

もしくは25まで、とか27までとか、

年齢で諦める期間をしっかり設定しておくのもいい。

 

とにかく

なんらかの保険をかけておくべきだ。

 

資格ではないが

最近だとウェブ・デザイナーとか

プログラマーも技術職なので食えるはずだ。

 

この場合、

プログラムを学べる専門学校

や大学に行き、

自分のスキルや知識を証明できるように

しておけば

IT企業に就職できると思う。

 

少し弱いが

簿記二級をとって経理職を目指すとか

社労士をとって社労士をしたり

企業の総務畑を目指すのも

アリだと思う。

 

とにもかくにも

現実的なスキルをつけることが

女性が食っていく道だ。

 

また看護師は給与もいいし

比較的なりやすいので

公務員の次に女性は選択肢に入れて欲しい。

 

看護師と公務員、、、、

これだけは絶対に絶対に脳に入れて欲しい。

 

仕事には合う合わないがあるが、

とにかく看護師と公務員は

検討から女性は外してはいけない。

 

あとはプログラマー

かなり良い狙い所だと思うので

IT系が好きなら専門学校を調べて

行くのは

かなり良いと思う。

 

 こう考えていくと

日本の場合、女性は

資格の取れない

あるいは

スキルのつかない

大学には行かない方が良い。

 

政府は女性の社会進出を宣伝しているけど

その実態は悲惨だ。

 

日本企業は

一部の大企業を除いて

女性を使うどころの環境じゃない。

 

だから実際に女性で食える仕事は

極めて限定的なのだ。

 

テレビやネットを見れば

日本は幸福に溢れているように感じるけど

実際は

女性の貧困率が高いのだ。

 

マスコミ報道は

かなり実態から乖離している。

 

大学に行くなら

よほど突出した能力があるか

明確な資格やスキルがつかない場合

やめて置くのが現実的な判断だと思う。

 

近年だと人手不足の介護士も

良い選択肢の1つだ。

公務員試験や資格が厳しいという

場合は狙ってみるのもアリだと思う。

 

給与が少ないというが

職場によっては十分稼げるはずだ。

 

最後に

当然、良い相手が見つかれば主婦という道も良い。

 

この場合、

大事になってくるのは、

嫌な話だけど

相手の経済力になってくるので

そこだけは

しっかり見ておかないとダメだ。

 

理想では生活できない。

 

また、結婚し子供を持ったとしても

上記の公務員や看護師なら継続できる。

 

 しかし、、、

こー考えていくと

女性の労働環境はヒドすぎるな。

 

これはひどい

 

政府は

これで女性の社会進出って

よう言えるよ。。。■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

103万の壁と、女性の社会進出と、牛丼と。

最近、配偶者控除の額を103万から

150万に政府が上げようとしているというニュースを見た。

 

そのココロは、

女性の社会進出を促すためという。

 

まあ、

専業主婦のパートでも、

年収103万を超えることは

十分ありうるから、

上限を上げることに意味はあろうぞ。

 

しかし、である。

 

本当に女性の社会進出を促すのであれば、

やはり、

私は終身雇用制度の廃止しかないと思うのだ。

 

当ブログで再三再四、書いておるが、

女性は、

妊娠・出産のため

新卒で入った会社を辞めざるを得ない。

 

で辞めちゃうと、

新卒一括採用の日本だと中途採用がないため再就職がない。

 

だから女性は正社員で働けなくなり

低賃金労働のパートしか選択肢がなくなるというわけだ。

 

これが、日本女性の所得が欧米に比して

低いカラクリである。

 

その上で、だ。

 

非正規労働で稼げる給与が、

103万から150万に変更されたとして

それが政府の言うように

女性の社会進出と言えるのだろうか?

 

これは明確に、NO、であろう。

 

もし政府が、

本当に女性の社会進出を促す気持ちがあるなら、

終身雇用制度を廃止し

通年採用で中途採用中心の欧米スタイルの世の中に

しようとするはずだ。

 

中途採用が普通の世の中なら

妊娠・出産・子育て等で一回やめても再就職できるから

女性が欧米みたいに普通に仕事できるようになるのだ。

 

結局、

こうして順を追うて分析していくと

政府たる自民党には

女性の社会進出を促す気など

1ミクロンもないのだ。

 

彼らの本音は、

バカな女どもは時給800円で

死ぬまでチェーン店で牛丼でも作ってろ! だ。

 

つまり、

日本は今、低賃金で働くバイトが少子化のあおりで

足りない。

 

で、その低賃金労働を

控除枠を増やすことによって正社員になれない主婦にやらせようぜ! っていうわけだ。

 

何が女性の社会進出だよ。まさに詭弁だね。

 

外国人技能実習生の実態が

低賃金労働者であったりするのと同じ。

 ただのレトリックだ。

 

いつまで官僚や政治家は、

こういう真似を続けるのかね?

 

はーーー(深いため息)。■

 

 

 

 

 

 

 

ヒラリーの敗因と、希望は戦争。

ヒラリーの敗因

 

2016年、11月8日に行われた

第45代アメリカ大統領選挙

共和党はドナルド・トランプ氏が勝利した。

 

前評判では民主党の、

ヒラリー・クリントン氏が優勢と報じられていたため、

この結果は、想定外のものとマスコミは報道している。

わたしも、さすがに、

あのトランプ氏が勝つことはない、と思っていたので

この結果は、本当に意外であった。

 

しかし、冷静に考えてみると、

2016年6月に起きたブレクジット、

つまりイギリスのEU離脱の結果をうけて考えれば、

実はそれほど意外ではない、、、

どころか、

実は順当な結果だといえるのでは

なかろうか?

 

それを以下で考えていきたいぞ。

 

アメリカにもイギリスにも、

現状の左寄りの政治に、不満を抱いておる層がいる。

 

その層とは、

近年のグローバル化や機械化にとりのこされ、

低所得層になってしまった人たちだ。

 

ITや金融といった、稼げる仕事の人間がいる反面、

工場の労働者やタクシーの運転手、介護士などの

肉体労働者は低賃金にあえぎ、

その日の暮らしにも苦労している。

 

その状況において、

大量の移民がきて、ますます仕事が失われていく。

 

その不満の爆発こそが、

右派勢力の台頭につながったのでは

なかろうか?

 

国内で飯も食えない生活に直面している単純労働者にすれば、

多様性だ移民だ、と言われても

じゃあ、俺たちの生活はどうなるんだ! となるにきまっている。

理想じゃ飯は食えない、

家にはお腹を空かした子供がいるのだ。

 

この単純労働者のケアを怠ったことが、

ブレクジットの主原因であり、ヒラリー氏の敗因であろう、と思う。

 

希望は戦争

 

この大統領選をうけて、

わたしは、ジャーナリストの赤木智弘氏によって書かれた、

「丸山眞夫をひっぱたきたい、31才フリーター、希望は戦争」

という論文を思い出した。

 

この論文は10年ぐらいにまえに雑誌、論座に掲載され

わたしは読んではいないんだけど、

内容は話題になったので知っている。

 

それは、おおむね以下のような内容だった。

 

当時31歳のフリーターで金も地位も仕事もなく、

絶望的な状況であった

筆者の赤木氏が、

このまま絶望的な人生を送るよりは、

世の中ぐちゃぐちゃ

になったほうが

まだ自分の人生に希望がもてる、

だから戦争よ起こってくれ!

と書いたのだ。

 

丸山眞夫をひっぱたきたい

という部分には

東大の教授で権威の象徴たる丸山氏を

ぐちゃぐちゃになった社会でならば、

地位が逆転し

ひっぱたける状況になるかも、

という暗い願望が込められているわけだ。

 

まあ、このようにルサンチマン

溢れまくっておる論文なのであるが、

気持ちは、よく理解できる。

 

例えば

30歳の裕福な男性正社員がいて

プリウスに乗って

子供と嫁を連れ、

スーパーにいくと

同じ30歳の非正規労働者の未婚の男性が

時給800円でレジ打ち

をしているのだ。

 

彼は年金を払うのに

すら苦労の毎日なわけで、

 これでルサンチマンを抱くな、

という方が暴論であろう。

 

今、世界では、

多様性やグローバリズムの影響で、

多くの貧困層と、一部の勝ち組という構図になっている。

 

アメリカやイギリスではブルーカラー

日本では非正規労働者が、

貧困者であり敗者で、

その絶望感は、

アメリカなら

トランプ氏が大統領になって、

世の中を破壊してくれればいい、

となり

日本では

希望は戦争、ということになるわけなのだ。

 

このような状況で、

我々は、どういう選択を取ればいいのであろうか?

 

これは難しい問題だ。◼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女尊男卑を考える。

皆さん、女尊男卑という言葉を知っているだろうか?

 

これは2chなどのネットでよく見るスラング(俗語)で、

日本の男尊女卑をもじった言葉である。

 

女尊男卑、つまり

一見、日本は女性が酷い目にあっているようにみえるが

実は男性のほうが大変なんだよ!

という男の暗い呪詛のこもった言葉である。

 

男はデートをすれば、

ご飯やらプレゼントやら奢っているし、

車もだしているし、

お金が凄いかかっている。

 

結婚すれば

生活費を稼ぐ責任は男にあって、

不況でリストラが頻繁に起こる昨今、

すごいプレッシャーで死にそうなんだよ!

事実、過労死やら自殺しているのは男ばかりではないか?

 

これである。

みなさん、どう思われるであろうか?

 

近年、草食系男子が増えているというが、

数万もかかるデート代など非正規労働者ブラック企業の男性では

出せない。

だから、女性をデートに誘えないわけだ。

 

結婚もそう。

安定して稼げる仕事がほとんどない今の時代、

安定した経済力を求められる結婚など

したくても、できないのだ。

 

そして

金のない草食系男子は

お金を持っている男性に奢られデートをしている

女を横目にみて、

こんちくしょう! 女はズルいとなるわけだ。

 

また、

なんとか稼げるようになり

結婚したらしたで家事育児を求められ、

なおかつ家計の責任も男が求められる。

 

女もいろいろ大変なんだろうけど、

男のほうが、大変なんだよーーーーー!!! ということである。

 

日本は確かに、男尊女卑の国である。

 

女性の政治家は少ないし、女性が働きにくい。

結婚すれば、家事に育児に介護をさせられる。

近年じゃ男の稼ぎが減っているので、

主婦もできず、子育ての傍らパートに行かないといけない。

せっかく入った会社も妊娠すれば首になる。

 

しかし、その裏では、

女性は奢ってもらって当然、

家計の責任は持たなくて当然、

と女性にとってプラスの面があるというのも、

また事実なのだ。

 

結局、男尊女卑というのはコインの裏表なのだ。

女性だけが一方的に被害者、という問題ではない。

 

日本女性は被害者顔だけするのは止めるべきだと思うのだ。

それじゃ、日本は何も変わらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東急電鉄CMの感想

ネット上、で炎上していた

下の東急電鉄CMについての感想をかきたい。

 

www.youtube.com

 

みなさん、どう感じたであろうか?

ネット上だと、

このCMは、女性差別だ、という論調が多かった。

 

その理由は、

電車では、男性の痴漢やら、大股開きやら、

そっちの方が、よほど迷惑千万であるのに、

なんで、

わざわざ、たいした迷惑でもない化粧を

がたがた言われなくちゃいけないのだ? 

という感じであった。

 

日本は女性が仕事しにくい等、

男尊女卑の傾向が強いので、

気持ちはわかる。

 

でも、私がこのCMで感じたのは、

「いちいち細かいな」である。

 

別に化粧にかぎらず、

乗客が大股びらきしていようが、

大声で話していようが、

スマホを使っていようが

飲食していようが、

酔っ払っていようが、

構わないではないか?

 

だいたい、

海外や欧州の電車と比べて、

日本の電車の中のマナーって、滅茶苦茶良いのだ。

これ以上、なにを求める必要があるのか?

 

お互い迷惑、迷惑と言っているだけでは、

どんどん息苦しくしくなっていくだけじゃん。

 

自分だって人に迷惑をかけていないわけではなかろう。

ゆえに、

他人の迷惑にも目をつぶればいいではないか?

 

皆さん我々に必要なのは、

他者に対する厳罰ではなく、

寛容さではなかろうか?■