The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

民泊や配車サービスを規制する意味がわからない。

近年、UBERAIRbnbのようなネットのサービスが世界的な人気だ。

で、これに対しての日本の動きなのだけれど、

規制、規制の一辺倒で、普及が遅々として進まない。

 

一体全体、どういう意図で、規制をして、この手のサービスを阻むのかが理解できない。

 

ウーバーにしろエアビーにしろ、世界共通のサービスなわけで、観光客にとって、あると有難いサービスなわけじゃんね。それを規制しちゃったら、観光客だって来にくい。

 

でも、日本、特に産業や仕事のない地方こそ、この種のサービスを解禁していかないとダメなわけじゃん。それなのに、地方ほど、規制していたりする。

 

もう、まるで理解できない。

 

地方は仕事無いわけじゃんね。だから困ってるんじゃんね。

エアビーやウーバーは仕事を生むし、観光客をも呼び寄せる。

それを新しい未知のサービスだから、ダメって規制してたら、ますます地方は寂れていくだけじゃん。

 

既存のホテル産業やタクシー産業と競合するから、利権団体が反対しているから、

っていうけど、既存のホテルやタクシーは、ネットサービスに比べて、安心感や信頼感があるわけじゃんね、だから、富裕層は、基本的にネットサービスなんか使わないで、既存のタクシーなりホテルを使う。

 

だから、競合しないわけで、心配することないんだよ。

 

普段、星付きのホテルに泊まる人がエアビーなんか使わないじゃん。基本路線。

タクシーだって、ウーバーじゃ、リスクが大きいんだし、女性ならレイプされるとかの恐怖もあるわけじゃんね、既存の会社は、信用が高いのだから、逆に高い金をとっても商売できるんだよ。

 

それより、ネットサービスを排除することによって、地域全体が失うビジネスチャンス、集客チャンスを失うデメリットの方がでかい。

 

日本全体でみても、多くの観光客が、この規制で逃げていくわけじゃん。地元民の仕事を奪うわけじゃん。

 

物事にはデメリットとメリットがある。

そこを比較勘案して、メリットが大きいなら、やるしかないじゃん。

 

と私は思いますよ。▪️

 

 

 

 

センター試験がクソすぎる。

大学入試センター試験が、行われている季節だ。

 

この試験の点数によって、大学の合否が決まってくるので受験生は必死だろう。

寒い中、本当にご苦労さんという感じだ。

 

だが、このセンター試験は、本当に良くない制度だと思うのだ。

 

年に一回の一発勝負の筆記試験で、一体全体、なにが分かるのか? と思うのだ。

シコシコと受験勉強を高校生にさせるのは、本当に時間の無駄としか思えない。

 

欧米の大学なんかは、日本みたいに入学試験を行わず、高校の成績表で、合否を決める。こういう制度に日本も変えていくべきだと思うんだよね。

 

日頃の高校生活の筆記試験で、だいたい、その受験生の能力は分かるわけじゃん?! なんで、わざわざ、運の要素が大きい一発試験を受験生に課す必要性があるのかが、1ミクロンも理解できない。

 

しかも、センター試験で意味不明なのが、点数を受験生に公表しないじゃん。わけわかんねーよ。自己採点とかさせる意味がわかんない。

 

文部科学省の官僚はバカなの? アホなの? と声を大して世界の中心で叫びたいね。

 

それに文科省は、試験の内容を思考力を試す問題にしたい、とかいって意味不明な問題を作っているけれど、こんな意味ないに決まってんじゃん。

 

所詮、筆記試験なんだから。みんな対応してくるんだよ。こーいうのは。

 

だから、思考力を重視したいというなら、単純に大学入試を廃止していく方向性にもってくしか無いわけじゃんね。

 

本末転倒もいいとこだよ。

 

あと、センター試験の本質は受験生の、能力を測ることが意図なのに、年に一回しかないってのも意味がわかんない。年に5回くらいやればいいじゃんね。一発勝負じゃ体調悪い子とか悲惨じゃん。プレッシャーもすごいし。

 

一体全体、文部科学省は、どこに向かっていきたいかが、全くわからん。

 

文部科学省の官僚は、本当に、バカなんじゃないの? って思う。

 

こういう事書くと、官僚は東大出てて、難しい国家試験に合格して、すごいって反論がくるのだろうけど、実際に彼女ら彼らの出しているアウトプットが、クソなわけじゃんね。誰がどー見ても、アホですよ。

 

官僚が出しているアウトプットがクソってことは、やっぱ官僚はアホなんだよ。

 

本当に、日本の受験システムは狂ってる。

 

最後に、受験生に言いたいことは、今の時代、別に大学に行かないで良い!!! だ。

専門学校で十分だよ。今の時代問われるのは、実際に、その人が何ができるのか? だ。だから、実際的な能力を身につければいいのだ。

 

実際的な能力なら、十分、専門学校で身につくんだ。今の時代。

 

もちろん、医者になりたい、弁護士になりたい、公認会計士、になりたい、

はたまたエンジニアになりたい、とか具体的な目標のある人もおろう。そういう場合はもちろん大学に行かないと話にならないけれど、なにも偏差値の高い大学に行く必要はない。

 

その目標の、資格なりスキルが身につく学部のある学校に行けばいいだけだ。世間で言われる有名大学である必要なんか全くないよ。

 

だから、大学受験で失敗した受験生は、暗い顔で落ち込む必要は今の時代はない。

 

くだらない、どっかのアホが作ったシステムに乗っかる必要なんか全然ない。自分が何をしたいのか? それが本当、今の時代は重要だと、思いますよ。本当に。▪️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙の時代の終わりが意味すること。

日本製紙の子会社の北上製紙が倒産した、というニュースを読んだ。

 

このニュースを読んで感じたことは、

「紙の時代が終わったな」ということだ。

 

今更、言う事でもないけれど、どこいっても、

今は、みんなスマートフォンを持っている。自宅に帰れば、パソコンの1台くらい

もっている家庭も多いであろう。

 

この変化は、やっぱり強烈だ。

わたしが子供頃だと、電車に乗れば、みんな雑誌や新聞を読んでいたけれども、今なんか、みんなスマホみてるもん。

 

ネットに繋がったスマホなりPCなりみれば、そこに、いろんなニュースがあるし、

情報がある。こうなっちゃうと、みんな新聞や雑誌を購入しない。

 

まあ、そうなってくると何が起こるか? だ。

 

商売っていうのは、一定の規模がいる、紙の需要が、ある一定のラインを下回ってくると、商売になんないんだよね。設備投資や人件費みたいな費用があるから、そういった費用が回収不能になって、商売が成り立たなくなるというわけだ。

 

そこで、今後、製紙会社、印刷会社、あたりが結構、倒産していくはずだ。

同時に、出版社、新聞社あたりも相当、縮小していく。

だってネットフリックスやHuluみたいな、ネットメディアで映画やドラマみちゃうと、もうテレビなんか実際問題、見てらんないじゃんね。

 

こう考えていくと、あとは、どう上手く撤退戦をするか? になってくる。

徐々に人を減らし、会社をクローズするわけだ。長期戦になれば、なるほど、体力が低下しマズイ事になっていくのだから。

 

太平洋戦争で、日本はダラダラと戦争を続けてしまい、かなり痛い目にあった。

つまり日本人は、撤退戦が不得意なんだよね。裏を返せば、根性があって、最後まで諦めない、という良い面ともいえるのだけれど、今の局面では、これがアダになってしまう。

 

TV、雑誌、出版、本屋、印刷、製紙、ラジオ、新聞の販売店、、、、この辺のネットに食われる産業の会社は、勇気をもって、撤退戦を今の時期に行うことが重要になってくる。

 

逃げるは恥だが役に立つ、っていうドラマが流行したけど、ときに逃げること重要だ。

 

そう、一つの時代が終わったのだから。▪️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画「偽装不倫」の感想

XOYという投稿型漫画サイトに連載中の「偽装不倫」という漫画が

面白かったので、感想を書きたい。

 

xoy.webtoons.com

 

作者は、「東京タラレバ娘」等で有名な東村アキコ氏。

内容は、ラブコメで、主人公である30歳独身OLで、婚活に疲れたショウコが、

韓国に行くのだが、いろいろあって既婚に間違われつつも、つまり不倫という形で韓国人イケメンと恋に落ちていく、、、、みたいな内容である。非常に笑えて面白いので、上のリンクから辿って、読んでみて欲しい。

 

それで、この作品を読んでいて、

何が興味深かった、というと「結婚」とは何か? と考えさせられたことだ。

 

作品内でもあるように、日本は芸能界から、実社会まで、

不倫が多い社会だ。

 

「男性は、すぐに浮気をする」と言われているけれど、これも、よく考えてみると、

不倫する相手は女性なわけで、不倫の数だけ、不倫女性がいるわけで、男女で、不倫の実数は同じなんだよね。

 

つまり、日本は男性も女性も、不倫する国なわけである。

 

不倫が、これほどに多いということは何を意味するのか? というと、

人間が一生、一人の人間を愛するというのは、難しい、ということなんだと思う。

 

結婚制度には、経済力の弱かった女性を保護するという面があるため生まれた制度という面もあると思うのだけれど、現代社会では、日本は遅れているけれども、女性も経済力をつけてきた。

 

そうなってくると、結婚制度自体に意味がなくなってきていると思うんだよね。

 

恋愛と結婚の境界線が、極めて曖昧になってきている。

 

最近、同性愛者の結婚を合法化しようとか、

夫婦別姓を認めよう、とか、そういう動きが、日本にもちらほら見えだしいる。

 

個人的には、そういう動きには大賛成なのだけれど、

ふと思うのは、別に愛する人間同士が一緒に生活をするのに果たして、現代社会において、法的な保護が必要なのか? ということだ。

 

子供のことさえ、しっかり法的に決めてしまえば、わざわざ結婚という制度は

現代に必要ない、と思うのだ。

 

事実、欧米圏では事実婚などの制度が人気になっているようであるし、

結婚せねば子供を持ってはいけない、という考えは過去の遺物になっている。

 

結婚制度そのもが廃止されれば、婚活という狂騒もなくなるだろう。

愛する人ができて結婚というのが、ノーマルな流れとして、

結婚そのもが目的というのは、やはり、どこか歪だと思うのだ。

 

結婚制度そのもが無いならば、同性婚夫婦別姓という問題も、解決されるわけじゃんね。

 

だから、日本は、世界に先駆けて、結婚という制度を廃止してみたら面白いと思う。

 

人が愛し合うのに、国の承認など、いらないではあるまいか?

どうであろう?▪️

 

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨の有用性が理解できない。。。

今流行の仮想通貨がまるで理解できない。

ビットコインとかイーサリアムとか、いうあれだ。

 

仮想通貨を、調べてみると、まずブロックチェーンという、

技術が使われていて、特定の管理者がいない通貨システムを作れるという。

 

これを知って、わたしは、「面白いなぁ」と思った。

スイカだったら、管理者のJRがいるし、

今流通している電子マネーは、すべて管理責任者がいる。

 

特定の管理者がいないということは、管理コストがかからない

という事を意味するから、いろんな手数料が安くなるのでは? と考えたからだ。

 

つまり、個人間の送金などで、手数料で大幅に安くなるのなら、現金より利便性があって、世の中変わるかな、と思ったのだ。

 

でも、実際に調べてみると送金手数料がかなり高額なんだよね、2000円であったり3000円であったり、これでは、実際にキャッシュを使った方が、有用じゃないか?

と思うのだ。

 

仮想通貨と現金の交換がネット上の取引上で、容易にできる、というのは素晴らしい、

と思うのだけれど。

 

こう考えていくと、現在流通している仮想通貨に有用性があるとは思えないんだよね。

今のところ。

 

もちろん大きな可能性を持っているとは思うのだけど。

 

現在、どんどん新規の仮想通貨が発行されているようだけれど、胴元になれば、

儲かるから、みたいな、詐欺みたいなもんにしか思えないんだよね。

 

それから、みんなが投資に使ってるから、仮想通貨の価値があまりに上下しすぎていて、商売に使うのが難しい。

 

通貨の、根本的な価値は、信用だ。

その信用が国家であっても、ブロックチェーンという技術でも、どうでもいいのだけれど、信頼の元であるブロックチェーン方式が、ダメというなら、もう今の価格高騰は、バブルといって良いんじゃないか、と私は思ったりする。

 

これから、信頼に足る、新規の仮想通貨が誕生するかは分からないけれども、

今のところ、仮想通貨をみても、わたしは、なんのこっちゃ、としか思えないのだ。

 

これが、時代について行けないってことなんだろうね。とほほほほ。▪️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウドファンディングと供託金

日本の政治のレベルは欧米圏に比べて、

まあ、低いよね。

 

支持率の高い、安倍政権にしたって、少子化対策なんか、三世代同居とか、

とんでも政策を言い出していて目も当てらんない。

 

じゃあ、なんで、こんなに日本の政治のレベルが低いのか?

それは、二つの原因がある、と思う。

 

まず、一つ目は、低い選挙の投票率

国民が基本的に選挙に足を運ばない。

これじゃあ、当選するには、立候補者は、組織票に頼るしかなくなるし、

国民のために、良い政策を訴えところで、どうにもなんない。

 

それに、低い投票率というのは、国民全体が政治に対して無関心である、ということをも意味しとって、関心がないなら、政治なんか、どんどん悪くなっていく。それが、民主主義ってもん。

 

だって、政治が悪い悪い言うても、その政治家を選んでるのは国民なんだからさ。

 

二つ目。

 

異常に高い供託金。

日本は政治家に立候補するのに、供託金が300万円ぐらいかかる。

これに加えて、もろもろの費用もいるで、立候補するだけで、

400万円ぐらいは最低、必要になってくる。

 

400万円って。

こんな金額、まず一般人には用意できない金額だよね。

政治家の被選挙権って、25歳以上の日本国民だったと思うけど、

25で400万円なんかポンっと出せる人なんか、まずいない。

 

ようは自民なり民進なりの既存の政治家は、

供託金を高く設定することによって、一般国民が立候補できないないようしてんだよね。欧州見てても供託金なんか、1万円とかだし。

 

だから、一般国民は被選挙権を行使できないで、

今の腐敗した政治家連中から、選択するしかないってことになる。

 

こうなってくると、カスみたいな選択肢から、我々は政治家を選ぶことになるので、

まあ、政治は、どんどん酷くなるよね。

 

じゃあ、この高い供託金のハードルを一般人は、どう乗り越えればいいのか?

 

ヒントはクラウドファンディングにあると思うんだよね。

東京都知事選で、起業家の家入さんがクラウドファンディングで選挙資金を集めて、

立候補してた、と思うのだけど、不特定多数から、資金を集められるクラウドファンディングを用いれば、一般人でも、なんとか選挙資金を集めれると思うのだ。

 

だから、誰かが、選挙の立候補資金を集める専用にクラウドファンディングのサイトを作ってくれれば、立候補したい人は、そこに政策を書いて、共鳴した人が、選挙資金を投資する。その資金で、一般人は、立候補する。

 

そういう流れが、できれば、結構、面白いことになんじゃないの?

と思うのだ。

 

日本の選挙のルールは、基本的に既存政党、世襲政治家が有利になるように構築されている。だから、一般人が既存の政治家に勝つことは難しい。

 

でも、今はネットがあるんだし、なんとか工夫して、既存政党、政治家を倒せる人が出て来て欲しいって思う。

 

だから、誰か、立候補資金調達専用のクラウドファンディングサイト作ってくれませんかね?

 

お願いします。▪️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢者の自動車事故と小型EV。

高齢者の自動車事故が多発しているようだ。

統計的には調べていないのだけれども、そういうニュースをよく目にする。

 

逆走して、歩行者を轢いてしまったとか、

アクセルとブレーキを間違えて、お店に突っ込んしまったとか、

結構、聞くよね。

 

そういう事故に対して、ネットの掲示板を見ていると、

「70歳超えたら、免許を失効させればよい」

という意見があって、

そのカキコミに対して、

「地方は、車がないと、行動が全くできなくなる。

都会と違って、地方じゃ自動車は生活必需品なんだ」

という意見があって、

もう堂々巡りの体を見せてる。

 

どうせいっちゅうんじゃ? 状態である。

 

そこで私が考えたのは、

上の意見の折衷案。

 

70才を超えたら、普通自動車は運転できないようにして、

小型の電気自動車だけ運転できるようにしてしまえば良い、というものだ。

 

小型の電気自動車って、なんじゃらほい? というと、

以下の、トヨタのコムスみたいな車だ。最近だと、コンビニのセブンイレブンの駐車場で、よく見かける車だ。

 

coms.toyotabody.jp

 

こういう電気自動車は一人乗りで小型じゃんね。

つまり普通自動車に比べて、重量が軽く小さい。

 

事故の時の破壊力というのは、基本的に、

重量×スピード、だと思うんだよね。物理は全く分からんけど。

 

事故は起きない方が、いいのだけれど、

もし起きた場合、被害を最小に抑える、かつ、高齢者の運転の自由も阻害しない、

という折衷案。

 

これぐらいのサイズとパワーの小型EVならば、

事故の時、人が亡くなる確率も、結構、減ると思うのだよね。

 

特に地方は車が無いと困るという。

でも、この対策なら地方は一戸建てが多いから、充電設備も設置しやすいはずだしさ。

 

それに、ある程度、日本のメーカーがEVを量産できれば、

世界のEVの潮流にも対応できるようになるって面もあるし一石二鳥という面もある。

 

この、高齢者は小型EV限定免許にする。

このアイデア、どうであろうか? ▪️

 

参考サイト

blogos.com