読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

日本が変化できない理由

日本社会は保守的で

変化できない、とよく言われる。

やれ、いまだファックスを使ってるとか

やれ、いまだにエクセルを使わず集計してるとかね。

 

その理由として、日本人が保守的だからとか冒険心がないとかいう分析がされてる。

 

トンデモな所だと日本人は農耕民族で欧米みたいな狩猟民族のDNAが無い、だから変化を嫌うなんていうのもある。

でもフランスなんかバリバリの農業国家だし、もう、ここまでくると意味不明すぎる。

 

こういう根拠もない精神論で日本人が変化を嫌う理由は説明できない。

そもそも、日本は明治維新で大きな変化をし欧米化をしたし今の若者カルチャーをみてると漫画やファッションなんか世界でも類をみないほど多種多様だ。

 

特に女性が読む漫画や小説のBLという同性愛者の男性同士が激しいSEXや恋愛をするジャンルなんか、世界広しといえども日本でしか見れない特異な現象だろうし、同性愛を扱うストーリーでは世界の最先端をいっている。

 

つまり日本人の精神性は変化を嫌うどころか、むしろ変化を好む、多様性を楽しむ性質があると言え面もあるのだ。

 

しかし、にもかかわらず、現実問題、

日本は、有りとあらゆるケースで変化がおきず保守化している。

男尊女卑であったり、同性愛差別であったり、電通の自殺でも話題になったが異常な長時間労働の企業カルチャーであったりと、それこそ枚挙に暇がない。

 

じゃあ、この原因は何なのか?

 

これは終身雇用制度が原因なのだ。

終身雇用だと一度入った会社に基本的に生涯いて転職もできない。

 

そうなると会社で目立った行動を取れないから、まず目立つ行動ができない、みんなと一緒がいいってなる。

あのキモい新卒就活の黒いスーツの群れをみれば、だいたい分かるじゃん。

 

そして転職もできない、会社も変われないので、何かしらに大きな技術革新があったら古い産業は消えてしまうわけで、そうなると会社員は会社が無くなり再就職もできないという状況になる。

 

そう考えれば社会全体に是が非でも変化をしない、したくない、というバイアスがかかる。変化したら失業して再就職もできないんじゃホームレスになるしかないわけだから。

 

つまり日本が変化できない理由は

終身雇用制度があるため、なのだ。

変化を好む欧米は転職社会でバンバン仕事を変えるられるから、社会の変化に柔軟に対応できるわけだ。

 

結局、民族性や精神論なんか関係ない。

ただ終身雇用という制度の会社を変えられない、転職できない、という性質のために、日本は変化できないのだ。

 

根拠も無い、くだらない精神論で、日本が変化できない理由を説明してるうちは日本は世界の潮流の変化に対応できず、ますます没落していくだけだ。◼️

 

 

 

 

「顔ニモマケズ」の感想

最近、ネットで読んだ朝日新聞

「顔ニモマケズ、僕は生きる 内面好きと言ってくれた彼女」という記事が考えさせられた。

 

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK410236K30UTFS004.html

 

この記事はトリーチャーコリンズ症候群

という顔が変形してしまう病気に罹患している男性を取材した記事だ。

 

子供の頃から周囲から見た目のために奇異の目で見られ、学校や社会に上手く馴染めたかった、そして今でも心理的につらいが、現在筑波大学大学院で障害者について研究しており、その経験をいかし研究者になりたいと彼はいう。

 

また、その外見コンプレックスにもかかわらず彼は高校時代には彼女もおり、現在も結婚を目指している。

 

うーーーーむ。

 

立派な青年だ。外見コンプレックスにもかかわらず強く逞しく生きている。

私なんか彼みたいな痛みを知る人こそ政治家やら研究者になって世に出て欲しい。

 

私が彼に思ったのは、

彼は結婚願望が強いが、

恋愛や結婚なんか諦めれば楽になるのにという事だ。

 

彼の容姿が、どうとかで彼女ができない

結婚ができない、とは思わない、世の中、いろんな女性がいて彼を愛する人間もいるはずだ。

 

しかし、問題は彼は自分にコンプレックスがあるということだ。そのため、当然だが恋愛に臆病になっている。

 

であるなら無理に恋愛なんかする必要なんかないと思うのだ。ストレスになるだけだ。

 

現代は結婚しない恋人もいない人なんかザラにいるし子供がいないからダメってわけでもない。

 

それに容姿が悪くて困ることなど、はっきりいって恋愛ぐらいではないか?

例えばコンピュータのエンジニアがいて

その彼や彼女のスキルや成果物を気にする人がいても容姿を気にする人などいないであろう。

 

この病気の彼も、わざわざ接客業のバイトみたいな容姿が強く問われるバイトに応募しているが、意味がわからない。

接客業なんて綺麗な容姿の人が有利に採用される仕事ではないか?

わざわざ、なんでそこに行くのか?

 

意味がわからない。

 

また恋愛や結婚にこだわっているが、

恋愛してても結婚してても子供がいても不幸な人間なんかザラにいる。

結局、恋愛や結婚、子供の有無で我々、人間の心は救われないし幸福にはなれない。

 

人間というのは心に大きな闇を誰しも抱えて生きているのだ。幸福に見える人間がいても、見えない闇を抱えている。

 

でも彼は結婚や恋愛が幸福と思っているふしがある。でも結婚が彼の心の救済になるかといえば、それは違うと思う。

もっというと人間の心の救済とは他者との関係性に依存する恋愛の中に存在しない。

 

じゃあ、どこにあるかと言うと難しいが

自分がしたい何かをしている、他者との関係性に依存しない自己実現にあるって私は思う。

 

他人から、どう思われようと、自分のしたい道を進む、苦しいけど、それが人間の幸福なんではなかろうか?

 

その自分がしたい道を進む道中で人と関わりあい、その関係性こそ人の心を闇を照らす小さな光ではないだろうか?

 

基本的に生きる事なんか、

そんな素晴らしいモノじゃあ無いのだ。

 

ゲロにまみれた薄汚い道をヘロヘロになりながらも、全力で突っ走る。そして気がつけば老人になり死を迎える。

 

そういうものだ。

ただ今を全力で生きる、それこそが生きる、ということだと思うのだ。

⬛️

 

同性愛者差別をすると貧乏になります。

最近、大阪で同性愛者カップルが

里親になる事が認められた、

というニュースを読んだ。

 

そして、2ちゃんを覗くと

案の定、このケースに対し反対意見が

多かった。まあ、2ちゃんが日本の民意を代表しているわけではないけど、

それでも日本は欧米圏に比べて同性愛者差別が強い。

 

そこで同性愛者差別をしている人に思ったのは、そんな事をしても損をするだけだ、ということだ。

 

なぜかというと同性愛者は基本的に子供を作らないわけで、彼ら彼女らは可処分所得は大きい。13人に1人、概ね人口の10パーセントが同性愛者という統計があり、そこを差別してしまうと、例えば企業なら大きな損失になる。

 

 また、日本は国家レベルで同性愛者に対して差別的なイメージで、そうであると、輸出を主な収入源としてる日本には大きなダメージなのだ。

 

例えば、トヨタソニーみたいな日本企業は、この事で世界の同性愛者や差別反対者から反感を買い売り上げを落としてしまっている。その辺を欧米企業は理解しているから同性愛者差別はしないってなる。

 

例えば、アップルコンピューターのCEOティム・クック氏は同性愛者であることを公言している。これは、当然、同性愛者であるクック氏が自分が同性愛者であることを公言する事がアップルにとってプラスであることを理解しているからでアップル製品は実際に、世界的な人気を誇っているし、この読みは当たっているわけだ。

 

翻って日本企業は同性愛者を社長に置くどころか、同性愛者の従業員を採用すらしない企業が大半。そうなると可処分所得の高い人口の10パーセントを敵に回してしまうわけで、どんどん売上が下がってしまう。

 

事実、日本企業の業績は近年右肩下がり。同性愛者を差別することにより、日本企業は売上が下がり、日本という国も貧しくなっているのだ。

 

また政治レベルでも与党自民党同性婚を認めないなど同性愛者に差別的で、この姿勢も日本企業の業績にダメージを与えてる。

 

私が同性愛者差別をしている方々に言いたいのは同性愛者を差別すると単純に日本がビンボーにっていく、という事実だ。

 

国が金がない、ビンボーというのは惨めで辛いことで、戦後日本の飯も食えない状況に同性愛者差別なんかで戻すのはアホらしいと思うのだ。

 

結局、差別というのは自分に跳ね返るのだ。日本は女性を仕事で差別した結果、少子化になり、人を年齢で差別した結果、大量の失業者が失業者のままで生活保護が増加し犯罪が増えている。

また東南アジア人や中国人の実習生を奴隷のように扱っているから、これからアジア全域で商売すらできなくなっていくだろう。

 

そして同性愛者差別で国のイメージが悪化し海外で日本企業の製品が売れなくなっている。現代は良いものを安く作れば売れる時代じゃない。どんな思想の会社や国が作ったモノなのかが問われている時代なのだ。

 

差別は

自分に跳ね返る。

 

結局、自分の行いに我々は最後に復讐されるのだ。⬛︎

 

 

 

 

 

結婚制度なんか必要ないっ!

最近は婚活をテーマにした漫画やドラマがヒットを飛ばしている。

これはそれだけ結婚が、多くの人の関心事であるという事を意味している。

 

だが、しかしだ。

 

そもそも我々に結婚制度は本当に必要な制度なのであろうか?

 

たとえばである。

街行く未婚のカップルや

日本で結婚制度から除外されている

同性愛者のカップル、彼ら彼女らは

好き同士の人間がただ一緒に時間を共有している。

 

結婚していなくても、である。

 

わたしはこれが、本来的な愛の形なんだと思う。

根源的に考えれば愛に結婚という国の承認など不必要ではなかろうか?

 

結婚という制度が、どのような経緯で誕生したかは不学ゆえ知らないけれども

想像するに女性の経済的保護と子供の安定した育成を目的として誕生したのだと思う。

 

つまり昔は女性は経済力がないケースが

多かったので、それゆえ男性の経済的保護が得られるように一夫一婦制の結婚制度が誕生したのだと。

 

子供にしても両親に安定的に育成された方が子供に良い影響があろうと先人が考えたであろう事は想像に難くない。

 

だけれでも、である。

 

現代社会は女性も仕事を持ち十分な収入を得られるし子供にしてもシングルマザーやシングルファザーが立派に子供を育てている。

 

 であるなら、現代において我々には結婚制度は必要ないのではないか?

 

それどころか何歳までに結婚せねばならない、子供が欲しいなら結婚せねばならない、この「結婚せねばならない」という意識に縛られ我々はむしろ生きにくくなっているとわたしは思うのだ。

 

現に誰しもが結婚していた昔より独身でいても異端とされず迫害されない現在のほうが昔よりはるかに生きやすいではないか?

 

好きでもない相手と無理に結婚し共同生活を営む、そんなの想像するだけで息苦しいではないか?

 

また、売春婦やAV女優など性を生業とする人間に対し「お前なんか結婚できないよ!」と暴言を吐く者がいるが、

この暴言にしても結婚制度がなければ形骸化し風通しが良い世の中になると思うのだ。

 

結婚制度は一見素晴らしい幸福をもたらす神の福音に見えるが反面、我々の生活を圧迫している面もあるのだ。

 

それに近年は離婚する夫婦もかなりの数に登っており結婚=幸福のゴールというものでもない。

 

であるなら現代の結婚制度というのは我々の意識に暗い影を落とす呪縛でしかないのではないか?

そうならば結婚制度は廃止した方が我々は元気に毎日を生きていけるのではないかと私は思うのである。

 

「結婚せねばならない」、、、ねばならない、という意識は我々にプレッシャーを与え、結婚できない、しない者にも孤立感を与える。

 

人は自由に生きる事が幸福 で、制度に縛られ、そこに包摂されぬ人間をうむ制度が果たして本当に必要なのか?

 

わたしは、だから結婚制度はいらないと思うのだ。さて、どうであろうか?⬛︎

 

 

 

 

長生きは素晴らしいのか?

最近、読んだニュースで

60歳を超えた非正規労働者

身体が思うように動かなくなり

仕事も見つからず

困窮していると

いうものがあった。

 

こういった

高齢層の貧困問題の話はよく聞く。

 

実際問題年齢を重ねると

身体は衰え容貌も衰える。

 

その身体をかかえ

生きて行くということは

果たして幸福なのであろうか?

と私は思ってしまうのだ。

 

異性にも相手にされず

身体もヨレヨレになり

辛い事ばかりではないか? と。

 

酷い考えだがそう考えていくと

人というものは

江戸時代などは寿命は40歳ぐらいでっあったと言われているし

本来は40歳ぐらいで

死ぬはずが無理矢理

現代科学の力で寿命を引き延ばして

いるのではないか? と思ってしまうのだ。

 

これが野生動物ならば身体機能が

衰えれば捕食できず

結果、死んでいくけれど人は身体機能が衰えても医学の進歩のため死ぬに死ねないのだ。

 

アンチエイジングや健康食品など

長生きのために現代人は多くの努力をするが

老いたら、長生きなど求めず

死んでいくというのも

一つの考えだと思うのだ。

 

人は他の種と違い知性が高いわけで

自ら選択的に死を選ぶ事もできる。

例えば

安楽死施設のようなものがあれば

私なんかは60にもなれば

十分生きたと考え使って安楽死

したいって思ってる。

 

まあ

そのときになってみれば

違う感想が浮かぶかもしれないけど。

 

だけれど世のなかで言うように

長生きが素晴らしいとは私には

どうしても思えない。

 

人は産まれ老い適当に死んで行くほうが

本来は幸福じゃあるまいか? と思うのだ。

 

現実問題生きる事は辛い事が多い

だから

ある意味で死は辛い現実が終わる

救いだともいえるのではなかろうか?

 

アンチエイジングや健康食品で若さを維持するのではなく

老いたら、ただシンプルに死んでいけばいいだけではないだろうか?

 

私は若者の容姿をみて

羨ましいなと感じる事があるけど

でも

かつて自分も若いときが

あったわけで

こういうのは順番で

今の若者も将来は中年になり

高齢者になっていく

だから羨んでも詮方ないのだと思う。

 

現代は科学の進歩で

死ぬに死ねない時代だ。

 

ゆえに自ら意思をもって

どこかの時点で死を選択することが

大事だと思う。

 

もちろん

高齢者に死ねばいいと言っているのではない。あくまで個人個人の意思が 大事だし生きたい人は生きるべきだ。

 

ただ生命には誕生し

死ぬべきポイントで消えていくことこそ

幸福なのだと私は思うのだ。

長生きをし死ねない、というのもまた煉獄の地獄であるという事実を我々は認識すべきと思うのだ。

 

死は、そう世で言われるような悲劇なんかではない。

一つの救済なのだ。

 

さて

どうであろう?⬛︎

 

 

 

 

 

 

 

東芝は、なんで罰されないの?(笑)

最近、話題になってる

ニュースで

東芝のバタバタ劇があるよね。

 

粉飾決算しまっくって

違法な事しまくって

なぜか

誰も逮捕されない。

 

普通なら社長やら幹部やら

刑務所行きだろう。

事実、

粉飾決算堀江貴文さんは

2年かそこら刑務所いってた

わけじゃん。

 

これって

つまり日本の法律は大企業

もっというと国と癒着してる会社は

違反してもオーケーって事。

で新興企業や中小企業は

違法な事したら逮捕でアウト。

 

めちゃくちゃだよ。

 

日本の大手企業は

サッカーで言えば

時々、手を使ってもオーケー

みたいなもんで

こんな国で

マトモな産業なんかおきないよ。

 

そうでしょ?

ルールがコロコロ、相手によって

変わるんじゃゲーム(市場)が成り立たない。

 

でさ

さらに噴飯ものなのが

東芝はこんだけやって

上場廃止になってない。

 

アホかって話ですよ。

 

で、それに加えて

税金を投入して東芝

救済なんて話もある。

 

散々、法律違反して

金集めて

罰されもせず

さらに税金で救う?

 

こんな不公平な市場で

マトモな経済活動なんか産まれないって。

 

真面目にやってる方がバカを見るんじゃ

やってらんない、

本当

日本はくだらない国だよな。

 

我々はこのケースをもって日本は法律さえ機能していない発展途上国に没落した事実を強く認識すべきなのだ。

 

昔の人は言いました。「奢れる平家は久からず」と。⬛︎

 

 

 

 

女子アナという名の呪い

最近、

2ちゃん

をみていたら

日本人の民度は高い的なスレッド

があった。

 

確かに

日本は欧米圏に比べ

治安が良く犯罪は少ないし

民度が高い面もあろう。

 

だけど

そういう良い面もあるけれど

悪い面の方が大きいと思うんだよね。

 

違法労働が当たり前とか

公務員腐敗とか

政治が世襲ばっかとか

自殺が多いとかさ。

 

客観的にみて

欧米圏と比べると

やっぱマイナス面が大きい。

 

その中でも特に

欧米圏に比して劣っている点で

男尊女卑がある。

 

テレビをつけて

ニュースみるとアナウンサーは

若い美人の女性と

中年の冴えない容姿の男性

という組み合わせ。

 

これが何を意味するのか?

 

これは暗に女は若い美人でバカが素晴らしい

ってメッセージなんだよ。

 

若手なんか知識無い訳じゃん。

んで

美人女性だって30を越えれば

オバサンになるわけで

そしたら女子アナをクビになって

次の若い美人に席を奪われていく。

容姿はすぐに衰えるから。

 

そして

こんなテレビを子供の頃から

日本人の女性は見て育つわけで

そしたら

若く美しく無いと女は無価値なんだ

って思っちゃうよ。

もう洗脳だよ。

 

だって読売放送や朝日放送なんか

日本を代表する名門企業で

そこが堂々とやってる事で

説得力を持ってしまう。

 

欧米圏のニュースを見ると

普通にオバサンとオジサンが原稿読んでる。

若さや美貌より知識やスキルが

アナウンサーには優先されてるわけだ。

まあ当たり前だよね。

女子アナはアイドルじゃないんだから。

 

 こういう

日常のちょっとしたことに

民度って

表出されてて

 つまり日本の女子アナは男尊女卑の象徴で本当は恥ずかい事なんだと。

 

その事に

名門企業たるテレビ局が気づくことすらなく

公共の電波に乗せて日本中の女性に

女は若い美人でバカが素晴らしい

という呪いをかけ続けてる。

 

女は若く無くてはいけない。

努力しても無駄だ。

女は美しく無くてはいけない。

仕事は年取ったら終わりだ。

女は馬鹿で無くてはいけないと

365日休む事なく。。。。 

⬛︎