The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

旭化成の社長に対する疑問。

ネットでバズってる旭化成の社長が、

会社に40代が少ない、外から取ってこようにも

ろくな人材がいない、どうなってんだ?! というような発言をしてて、

ネット民から避難ゴーゴーの嵐をうけておる件で

ふと疑問に思ったことがある。

 

まず、前提として、この旭化成の社長の発言が

批判されているのは、

40前後は、ちょうど就職が難しい不況の時期に大学や高校を

卒業した年代で、

採用が絞られいていた時期だったから、

就職できず、非正規になった人が多い。

 

そして、日本は新卒一括採用で、

終身雇用制度で動いてるから、新卒で失敗しちゃうと

中途採用がないから、取り返しがつかない。

 

まあ、簡単に言ってしまえば、

基本路線、人生終わりになってしまう。

 

だから、旭化成が40代で転職をつのっても

経験値の低い40前後しかいないし、

また旭化成社内にも40前後が少ないのは

当たり前の話で、

40前後の辛い経験をした世代からすれば、

旭化成の社長の発言は、

マリーアントワネットの

「パンがなければお菓子を食べればいいのに」ぐらいの

破壊力をもった発言なわけで、ここまで大ごとになったというわけだ。

 

さて、ここで私が旭化成に対して、疑問をもったことは何ぞや? と。

 

それは、何故このように年代に不均衡が出て機能不全を起こしている

新卒一括採用や終身雇用に、旭化成が拘るのか? だ。

 

外資系企業みたいに、

年代何ぞ、気にせず中途採用で、どんどん採用していく形式にすれば

良いではないか?

 

同時に、あまり能力がないと思われる社員も、どんどんクビにすれば

良いではないか?

 

だって明らかに、日本の新卒一括採用、終身雇用という雇用システムが

機能していないのは明らかなわけでしょ?

 

雇用の調整弁に非正規を雇って、しのいでも、非正規は悲惨な待遇なわけで

当たり前だけど、真剣には働いてくれんしさ。

 

で、どんどん業績が悪くなって行く一方なわけじゃん。

 

それに、中途採用ができないから、

高報酬で、どんどん中国や欧米の企業に優秀な人は取られていってしまうし

逆に、良い人材も取ることができない。

 

この状況下で、

なんで、ここまで新卒一括採用に拘るのか?

 

旭化成だけじゃない、日本企業全般だけど、

なんで多額の採用費用がかかり、

機能不全を起こしている新卒一括採用に

拘るのか?

 

さっぱり分からない。

理由は何なんだろう?

 

そこを教えて欲しいって思う。

 

企業は利益をあげる場所で、仲良し家族ゲームする場所じゃあない、

仕事をする場所、そこで高齢だから良い給料とか、

若いから良いとか、訳が分からない。

 

家族ごっこやる場所じゃなくて商売する場所でしょ、

なら、お金を稼げる人間が、大事なわけでしょ?

 

なんで、それなのに、新卒一括採用に拘るんだろう?

 

全く、もって意味がわからない。

 

ただ、ただ昔から、そうしているからっていう惰性にしか思えない。

でも変わらない企業なんか、競争に負けて潰れて行くに決まってんだよね。

 

今のままじゃ、海外の企業に、負けてお終いになるわけじゃん。

 

なんで変えないんだろう?

なにが変化のネックなんだろう?

変わることが、恐ろしい理由は何なんだろう?

 

そこが、どうしても分からない。

 

なんで、こんなんなってまで

日本企業は、新卒一括採用にこだわっているのか?

 

教えてください。◾️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旭化成と、氷河期世代の生きる道

旭化成の社長が、

40前後の社員が、全然いない、

中途採用をつのっても、良い人が来ないって

ぼやいてる朝日新聞の記事がネットで話題だ。

 

この年代は、大学卒業時に極端に不景気だった時期で

大学や高校を卒業した時期に

正社員になれず、

新卒一括採用だから中途採用もなく、

そのままズルズルと非正規で40前後になってしまった人が多い

世代だ。

 

日本って、終身雇用で新卒一括採用だから

新卒で失敗すると、

中途採用がないから、一生、非正規みたいになってしまう。

 

厳しい話だけど、

正社員になれんかった男性は、経済力ないで

結婚も子供も持てないし、

女性だって、同年代の男性が経済力なければ

結婚できんわけで、

この世代は、恐ろしい少子化になってる。

 

だから、終身雇用っていうのは景気の影響を

もろに受けるシステムで、

一つの世代が消滅しちゃうんだよね。

 

だから、そう考えれば

新卒一括採用なんかやめて、

中途採用中心の欧米みたいな制度に切り替えて

いかないと、この先ずっと同じことが起こる。

 

まあ、でも、これは不可能なんだよね。

 

日本人って終身雇用が絶対素晴らしいって信念みたいなのが

あって意地でも解雇が欧米みたいにできる世の中に反対って感じだし。

 

そうなってくると、

基本的に、新卒で不景気であった世代は死ぬし、

中途採用ないわけで、妊娠出産のある女性は働けないって社会が

日本で未来永劫に続くわけだ。

 

じゃあ、結婚できない女性とか氷河期世代の非正規は

どうやって生きていけばいいのか?

って話になる。

 

個人的には、国がバックアップして行くしかないと思う。

この世代を、公務員で、優先的に採用するとか、

プログラマとか、そういうスキルを無料で教えるとかさ、

なんかテコ入れしないと、

一つの世代が、完全に貧困層になってるんだから、

なんとかしないと国が存続できないんだよね。

今は表面化してないんだろうけど。

 

まあ、日本は弱者をバックアップしようって国じゃないで、

こういう事もしないだろうから、

結局、もうこの国はダメなんだろうと思う。

 

結論としては、氷河期世代でキャリアのない人たちは、

ITのスキルでも身につけて、自分で会社を起こして行くしかないと

思う。

 

採用してくれないんだから、自分で会社作るしかないわけじゃん。

 

国から、見捨てられた世代なんだし、

もう、どうにもならないんだし起業がすれば良いと思う。

 

いちがばちか、やるしかないじゃん。ギャンブルですわ。▪️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人女性は、会社員ではなく、プログラマーを目指すべき!

ネット掲示板で、

女性が再就職したいけど、

なかなか再就職先が決まらない、と嘆いているスレッドを

読んだ。

 

辞めた理由は、会社が合わなかったり、

ブラックであったり、結婚であったり、

いろいろな事情があるようだった。

 

でも、実際問題、日本は新卒一括採用で終身雇用という

雇用システムで動いているわけで、

一回会社を辞めたり、新卒で失敗すると、

もう、まともな会社に行けないっていう状況に

なっちゃってるんだよね。

 

終身雇用っていうのは中途採用を取らないシステムだから。

 

そう考えるていくと、

そもそも妊娠や出産等で、会社を辞めるケースが多い女性の場合、

日本で食っていこうと考えたら、

もう中途採用がある『手に職系』しかないってなる。

 

で、そう考えたら、今、求人が多い分野で、

それなりに給料がもらえる『手に職系』の仕事といったら、

やっぱ『プログラマー』だと思うんだよね。

 

それにIT系企業って新興企業が多いから、

日本の伝統企業みたいな意味不明なイジメやパワハラも少ないし

良い大学でて、会社員なんてコースよりよほど良いと思う。

 

だから女性は、受験勉強頑張って早稲田や慶応いっても

基本的に意味がない。日本企業じゃ働けないわけだから。

 

それよりもITの専門学校いって、

確かなプログラムのスキルを身につけちゃう方が食っていける。

 

だって、大学に行くのは、

将来的に、食って行く力をつけるために行くわけで、

だから高額の授業料を払うわけで、

なのに、行っても飯食えんなら、行かない方がいいわけじゃん。

4年間という長い時間を無駄にしてしまう。

 

食えるようにならなきゃ、大卒資格なんかあっても、無意味も

いいとこなんだよ。

 

それに、

今は日本企業は、変化に対応できていない企業は多いので

業績を落としてる、そうなってくると、

これから、どんどんリストラが増えて行く。

 

で、40や50でリストラにあって、特別なスキルがないなら、

再就職なんか無いんだよね。

日本企業は年齢制限がきついから、35こえると、

ほぼほぼ採用しない。

 

公務員試験だって30歳までしか受けらんない。

 

そう考えれば、

いかに日本企業で会社員になるのがリスキーか理解できると思う。

 

独学でも専門学校いくのでも、

大学の情報系学部いくのでもいいけど、

兎にも角にも、

IT系のスキルを身につけて、

プログラマーとして食って行くのが良いと思う。

 

これから、リストラが吹き荒れる時代になる、

結婚してたって旦那が簡単に解雇される、

そんな時代、

だから、こそ女性が経済力をつけることは大事で、

日本は女性が稼げる仕事は専門職に限られていて、

選択肢が狭い。

 

再就職がない、と困ってるなら、

勉強して技術を身につけると良いと思うのだ。

 

どうであろうか?■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の学校で自殺が多い理由

滋賀県の市立中学校で、

生徒が一ヶ月半で二人自殺をしたという

ニュースを読んだ。

 

このニュース以外にも、日本だと

しばしば中学校や高校で自殺が起こる。

 

それで、なんで自殺が日本の学校でこんなに多いのか?

と疑問に思った。

 

まず思い当たるのが、

クラスを固定するじゃん、日本の学校って、

欧米圏の学校だと、日本の大学みたいに授業を選択する感じで

授業ごとに、

メンバーが変わる。

 

でも日本だと固定メンバーになるから、

イジメのターゲットになってしまうと、学校の中で逃げ場がないんだよ。

 

そうなっちゃうと、

毎日が地獄という感じになってしまう。

 

だからさ、

まず、授業を欧米みたいに選択制にすれば、

だいぶ、自殺も減ると思う。

 

さらに、やっかいなのが、

修学旅行。

欧米圏にはない行事で、

旅行なんか、イジメにあってる生徒は、

まさに生き地獄で、さらに自殺を誘発する。

 

だから、自殺を減らしたいなら、

まず、修学旅行を廃止することだよ。

簡単にできるでしょ。これは。

 

あと運動会も何日も前から、練習して

軍隊みたいにやってるけど、

ああいう北朝鮮みたいな集団主義的なやり方やってると

内部にストレスが溜まって、さらにイジメがエスカレートしちゃう。

 

とにかく、

本の学校はイジメから自殺を起こす下地ができすぎてる。

 

滋賀県のニュースだと、新聞では、先生に相談する環境が無かったのが

ダメだって書いてあったけど、

そんなん、先生自体、自殺を隠蔽したり主導してたり

なんてザラなわけで、

そんなん相談できるわけないじゃん。

先生に相談なんかしたら、さらにイジメが強くなるよ。

 

もう、日本の学校は自殺が多いわけで、

で、毎度毎度、何の対応も変化もしない。

 

これじゃ、

どんどん、どんどん、子供が自殺していくよ。

 

次に自殺するのは、アンタの子供かもしれないし、

知り合いの子供かもしれない。

 

何かを変えなければ、何も変わらない。■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中年だけど、今時の若いもんは、超優秀だと思います。

今時の若者はダメだー、っていう意見が

世間では跋扈(ばっこ)しているけれど、

個人的な感覚で若者をみていると、

本当に最近の若者は優秀な人が多いと思う。

 

特に20代前半の層、

なにが世の中にあったのだろうね。

 

人に気を使えるし、

仕事もできるし、

本当に言うことない人が多い。

 

むしろ個人的には、

年齢が上がれば上がるほど、

ダメな人が多い印象がある。

 

やたら威張る、

頭が固くて、発想が貧困で、

職場の雰囲気を悪くするパワハラ、セクハラが上の世代には

多い。

 

もちろん個人差はあるけどさ。

 

普通に考えていけば、

下に行くほど、

良い教育を受けているわけで、

若い人の方が優秀に決まってるんだよね。

 

世間では若者はダメって言ってるけど、

若い人は、

そんなん無視していい。

 

バカだバカだ、中高年に言われようが、

それに反抗できない環境に身を置いていようが、

気にすることはない。

 

「お前の方がバカだ、死ね」と心の中で思っておけばいい。

 

本当に、今の若者は、凄いなって尊敬してる。

 

だからこそ、自分の能力を信じて、道を切り開いて言って欲しい。

絶対切り開ける。

 

そう思うから。⬛️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画、『ちょっと今から仕事やめてくる』の感想。

iTunesで、『ちょっと今から仕事やめてくる』という

映画をレンタルした。

 

今をときめく人気俳優の福士蒼汰さんがメインキャストの一人で

なんとなく見てみたけれど、思いの外良かった。

 

内容は、ブラック企業で働く主人公の青山が、

パワハラ長時間労働に耐えられず、駅のホームから

飛び込み自殺をしようとする、

しかし、その時、福士蒼汰が演じるヤマモトと名のる謎の男が自殺をとめ、

なんとか、かんとか会社を辞めるように説得するが、、、、。

 

という内容、

近年の邦画では、ナンバー1のできだと思うので、

是非、みんな見て欲しい。

 

この映画のメッセージの一つとして、

自殺するくらいなら会社なんか辞めてしまえ、というものがある。

まあ、その通りなのだけれど、

我々、日本人は、世間体やら生活苦を恐れ、会社を辞めれず

死ぬまで働いてしまう。

 

映画の中のセリフでパワハラ上司が、ひたすら、

「お前らなんか辞めても再就職ねーよ」と、ひたすら脅す、

そうやって恐怖支配をして、

そして実際、日本は転職が難しいという事実も相まって

なかなか、自殺者を止めることができない。

 

この傾向を阻止するには、

単純に、終身雇用制度を廃止して、

転職がしやすい社会にすればいいだけなのだけれど、

それが中々、難しいんだよね。

 

日本人はとにかく、終身雇用制度が素晴らしい、

首がないのが素晴らしいって考えだからね、

もう自らで自らの首を絞めているとしか言いようがない。

 

よく、自殺関係の議論で、

自殺報道が連鎖して自殺を生むから、自殺報道を自粛すれば

自殺が減る、っていう意見を聞く。

 

でも、こんなん大嘘でさ、

自殺を隠蔽したって、世の中、なんにも変わらない。

報道しなくたって、自殺は続くし、

報道がなければ、対応もされない。

 

自殺を減らすことで重要なのは、

報道され、原因を考え、その原因を無くすことに尽きる。

 

何で自殺が起こるのか?

社会構造のどこかに原因があるわけじゃん。

じゃあ、どういう構造にすれば良いのか?

 

それを、突き詰めて考えていかないと、

いつまでたっても自殺は無くならない。

 

何かを変えたければ、

事実から目を背けては、いけないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の感想 

iTunesで、『ちょっと今から仕事やめてくる』という

映画をレンタルした。

 

今をときめく人気俳優の福士蒼汰さんがメインキャストの一人で

なんとなく見てみたけれど、思いの外良かった。

 

内容は、ブラック企業で働く主人公の青山が、

パワハラ長時間労働に耐えられず、駅のホームから

飛び込み自殺をしようとする、

しかし、その時、福士蒼汰が演じるヤマモトと名のる謎の男が自殺をとめ、

なんとか、かんとか会社を辞めるように説得するが、、、、。

 

という内容、

近年の邦画では、ナンバー1のできだと思うので、

是非、みんな見て欲しい。

 

この映画のメッセージの一つとして、

自殺するくらいなら会社なんか辞めてしまえ、というものがある。

まあ、その通りなのだけれど、

我々、日本人は、世間体やら生活苦を恐れ、会社を辞めれず

死ぬまで働いてしまう。

 

映画の中のセリフでパワハラ上司が、ひたすら、

「お前らなんか辞めても再就職ねーよ」と、ひたすら脅す、

そうやって恐怖支配をして、

そして実際、日本は転職が難しいという事実も相まって

なかなか、自殺者を止めることができない。

 

この傾向を阻止するには、

単純に、終身雇用制度を廃止して、

転職がしやすい社会にすればいいだけなのだけれど、

それが中々、難しいんだよね。

 

日本人はとにかく、終身雇用制度が素晴らしい、

首がないのが素晴らしいって考えだからね、

もう自らで自らの首を絞めているとしか言いようがない。

 

よく、自殺関係の議論で、

自殺報道が連鎖して自殺を生むから、自殺報道を自粛すれば

自殺が減る、っていう意見を聞く。

 

でも、こんなん大嘘でさ、

自殺を隠蔽したって、世の中、なんにも変わらない。

報道しなくたって、自殺は続くし、

報道がなければ、対応もされない。

 

自殺を減らすことで重要なのは、

報道され、原因を考え、その原因を無くすことに尽きる。

 

何で自殺が起こるのか?

社会構造のどこかに原因があるわけじゃん。

じゃあ、どういう構造にすれば良いのか?

 

それを、突き詰めて考えていかないと、

いつまでたっても自殺は無くならない。

 

何かを変えたければ、

事実から目を背けては、いけないのだ。⬛️