The Catcher in the Rye

日記です。毎週、日曜日更新の予定です。無断転載、無断引用、オーケーです。

日本企業に、ハイブリッド採用システムを提案したい!

近年、日本企業の低迷が著しい。

 

で、今回は、どうすれば

この低迷を脱出できるかを考えていきたい。

 

まず、日本企業の低迷の原因だけれど、

これは、終身雇用制度にある。

 

何でかというと

終身雇用制度だと新しい有能な社員を外から

とってこれないし、

逆に会社に合わない社員も解雇できない。

 

中途採用がないため妊娠出産があり一時的に辞める必要性が

でてくる女性も日本企業では働けないため、

会社の多様性も担保できない。

 

また、終身雇用制度から、解雇できない弊害として

長時間労働や、転勤などがあり、労働者自身にも

肉体的、精神的な苦痛が蓄積され、パフォーマンスが上がらない。

 

つまり終身雇用制度の弊害で

日本企業はダメになっているわけだ。

 

じゃあ、終身雇用制度を廃止すればいいじゃん?

って言ったところで、なかなか既存の社員やら社会の合意を得られず、

廃止はできないだろう。

 

そこで、終身雇用制度は存続しつつ、

欧米企業的な社員を解雇できるシステムを導入すればいいと思うんだよね。

 

つまり、

採用段階で、社員を終身雇用型のAコースと

欧米的な解雇可能を前提としてBコースの社員に分離して採用する。

 

そうすれば、Bコースなら、

女性も採用できるし、中途採用で外部から、人を雇用できる。

 

採用段階できちんとBコースであると、説明しておけば、

解雇されるとしても、大きな摩擦は起きないと思う。

 

できれば労働法を変えて、

Bコースと採用段階で説明すれば、解雇は可能とする。

 

このプリウスみたいなハイブリッド採用システムを

導入して社会に根付かせることができれば、

終身雇用制度が原因の弊害もなくなっていくし、

新卒一括採用で不況期に卒業した人が、

正社員につけない、なんていう現象もなくなる。

もちろん、

日本企業のパフォーマンスも大きく改善される。

 

終身雇用制度が無くせないなら、

終身雇用制度を残しつつ、欧米的な採用制度を併用して、

導入する。

 

この折衷案、

どうであろうか? ◾️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バナナフィッシュのアニメ化が楽しみすぎる件

みなさん、バナナフィッシュという漫画を

ご存知だろうか?

 

作者は、天才漫画家としての名声をほしいままにしている、

生きる伝説、吉田秋美先生、

代表作には、表題の作品のほか、

映画化された海街ダイアリー他、多数。

 

この漫画はアメリカは、ニューヨークを舞台にした、

ハードボイルドでミステリーなストーリーなのだけれども、

漫画好き人間の世界では、一番面白い漫画はどれだろう?

という話になった場合、かならず顔を出す作品の一つで、

普及の名作と行って良い作品なのである。

 

絵画でいったら、ゴッホの向日葵とか、

音楽で行ったら、ベートーベンの第9とか、

カップラーメンなら、日清カップヌードルとか、

もう、そういうレベルの漫画なのである。

異論は認めない。だって真実だから!!!!!!!!!

 

で、その普及の名作である、バナナフィッシュが

なーーーんと、

2018年に、つまり来年、

フジテレビでアニメ化されるのだ。

 

おいおいおいおいおーーーーーーーーーーーい!! である。

 

主人公はアッシュ・リンクスという白人の少年なんだけど、

もうね。

 

もうね。

 

動くアッシュを想像するだけで、

大興奮ですよ。

 

この感覚は、ファンなら、共有できるはず。

 

内容やストーリーについては、

ここでは、

あえて触れないけれども、

これだけは言える。

 

この漫画を読んでいない人は、人生を損している。

 

読んでないなら、今すぐ書店かamazonでゲットするしかない。

それほどに、面白く偉大な作品なのである。

 

この漫画を知らずに死ねるか! というレベル。

江戸時代の、お伊勢参りみたいなもんすよ。

 

この漫画にはね、

興奮も、感動も、愛も、すべてが詰まっている。

 

アニメが始まる前に、漫画で総復習しとくべきだよ。

 

特に若い人に読んでほしい。

1994年、つまり21年前の作品だから、若い子は知らないと思うんだけど、

めっちゃいいから。

 

今、現在進行形で人気の漫画作品だって、

絶対に影響うけてるはずだからね。この漫画は。

すっげー有名なんすよ。面白いで。

 

なには、ともあれ、

このアニメは見逃せない。

 

来年、が楽しみである。

 

ありがとうフジテレビ!!!!!!!!!

 

では!!!!!!!!!!■

 

 

 

 

 

 

 

育休問題の解決策

ネットで、ある朝日新聞の記事が話題になっていた。

 

それは、会社員の女性が、育児休暇をとると、

そのしわ寄せが、他の社員にきて

はなはだ迷惑だ、

という内容の読者の投書。

 

リンクが残っているか、わからないけれど、

とりあえず、その記事のリンクは以下です。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

さて、だ。

 

実際問題、育児休暇をとられたら、

大企業は公務員はともかく、

民間の中小企業なんか、もたない。

 

だから、結局のところ、

育児休暇をとる、なんて絵に描いた餅で、実現不可能なんだよ。

 

もし、強引に育児休暇を法制化し、

社員が育児休業をとれるように法的な強制力をもたしたら、

日本企業は、はなっから、女性社員を採用しなくなる。

 

そうすると、ますます、

日本企業の男尊女卑が進んでしまう。

 

じゃあ、どうすれば育児休業の問題を解決できるか?

 

答えはシンプルで、終身雇用制度を廃止すればいいだけ。

 

欧米圏では、女性が普通に働けているけれど、

実際、妊娠したら、首なんだよ。

欧米では。

だって、働けないわけで、育休なんか与えてらんないんだよ。

 

むしろ、育休制度に関しては日本の方が進んでいる。

 

じゃあ、なんで妊娠でクビになってしまう、

欧米で普通に女性が働けるのか?

 

欧米は、終身雇用がないから、解雇を簡単にされる。

でも、代わりに中途採用が普通にある。

日本のような新卒一括採用じゃないからね。

また、年齢制限で就職を阻むのも、違法になっているから、

日本みたいに35歳までとか30歳まで、なんかやったら

企業は営業できなくなる。

 

だから、女性が子育てで、会社を辞めても、

ひと段落つけば、再就職ができる。

 

日本は終身雇用制度があるし、

就職の際の年齢制限も厳しい、

だから、

一度を会社を辞めてしまうと、再就職がない。

 

だから、育休制度というのを設けて、女性が辞めないですむように

するんだけれど、

そうなると、結果、仕事が回らなくなる。

 

派遣社員で穴埋めっていっても、

派遣社員さんにだって生活があるわけで、いつ解雇されるか目処が立たない

育休の穴埋めなんかしてらんないわけだ。

 

だから、育休問題を解決する方法は、

単純に終身雇用を廃止して、

中途採用が中心の社会にしていくしかないわけだ。

 

それが、できないんだったら、

ますます、女性は子供を作れないわけで、

少子化が進んで行く。

 

政府は、女性の活躍、女性の活躍、うるさいほど喧伝してるけど、

結局のところ、

終身雇用制度がある限り、日本の女性は働けない。

 

政府は育休を推進してるけど、

推進すればするほど、

日本企業は女性を採用できなくなってまうから、

本末転倒もいいとこなんだよ。

 

女性の活用を本当に考えるなら、

終身雇用を廃止する。

 

それしかないですわ。■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラミーのボールペンが素晴らしい。

みなさん、ボールペンに、

こだわり有りますかね?

 

私は、文房具に対する情熱は、そんなに無いのだけれども、

仕事やら何やらで、

ボールペンはよく使うので、

コンビニで売ってる100円ぐらいのじゃなくて、

少し良いのないかね?

Amazonを見ていたら、

ドイツのメーカーのラミーが出しているボールペンに出会って

買ってみた。

 

そして使ってみたのだけれど、

すっげー使いやすいの。

なんなんコレみたいな。

 

デザインも可愛いし。

インクが切れたら専用の替え芯が売ってるから長く使える。

 

ラミーのボールペンは種類もデザインもいろいろあって、

値段も2000円くらいと手頃。

 

このボールペンで使ってて一番よかったのは

インクの発色と書きやすさ。

 

まず、赤と黒のインキの色が良い。

日本のメーカーと違って、発色が綺麗で、

資料とかに書くと綺麗に生えて見える。

 

加えて、書きやすさ、というか

特殊なインクか知らないけど、どんな素材の上にも

書ける。

 

これはポイント高い。

 

日本のメーカーのボールペンは良いって言うけど、

ぜんぜん、ドイツのラミーの方が優れていると思う。実用で。

 

こだわりの、ボールペンを探求している人は

良かったら買って見て欲しい。

 

デザインも素敵だし、日常を少し、便利に楽しくしてくれる、

そんなボールペンです。

 

では!▪️

 

 

 

 

 

 

 

漫画「デビルズライン」が面白いよ、という話。

最近、「デビルズライン花田陵著、講談社発行)」という漫画を買った。

 

ぷらっと入った本屋さんの、おすすめコーナーにあって、

面白そうだな、と思い一冊買って、

その足で近くのコメダ(名古屋のスターバックス的な喫茶店)で

読んでみたら、

まあ、大変ですわ。

 

超面白い。なんだコレ。

 

一冊、読み終えた後、また本屋に戻り、

残りを買って、タバコを吸いながら、

残りの巻を一気に読んでしまった。

 

内容としては、主人公はイケメンの吸血鬼で、

警察内の吸血鬼対策部みたいな所で刑事をしておって、

同類である吸血鬼の犯罪を追う。

で、その過程で、出会った大学院生の人間の女の子に恋をして

しまって、もう大変、、、、。

読んでるこっちも、ヤキモキしちゃって、もう大変だよぉ〜。。。

 

みたいな、話。

 

まあ、こう書くと、どこが面白いんだよ?!

また吸血鬼かよ、

イギリスのドラマで

ロバート・パティンソンとかが出てる「トワイライト」やらで

もうお腹いっぱいだよ!!!!!!!

 

と、突っ込まれる気がするけど、

設定が、いろいろ新しいし、

人間の女性に恋に落ちる主人公の葛藤、

好きだから、相手に幸福になって欲しいから人間と付き合って欲しい

から、突き放すのだけれど、

でも、、、好き、、、みたいな、、、ぐふふふふw

 

上手いこと、レビューを書けないけど、

本屋なりアマゾンでみつけたら、是非、読んでみて欲しい。

 

この面白さは、読んでみてもらわないと伝わらない。

 

もし時間があって、何か面白い漫画を探している方は

買って読んで欲しい。

 

あ、、あと、実写版になったら是非みたいんで、

全国の映画関係者のみなさん、実写化してください。

 

イケメンの主人公は、岡田将生さんで、

ヒロインはガッキーがいいです。あとゲイの仲間の吸血鬼はマツコデラックスさん

がいいです。見たいよーーーーー。

 

お願いいたします。

 

この漫画は本当におすすめ!では。■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッシュレス社会に対する、疑問。

最近見たニュースで

ファミレスのロイヤルホストが、

クレジットカードと電子マネーでのみ支払いが可能の

実験店舗を作ると言うものが印象に残った。

 

わたしは昔、飲食店でバイトしてたことがあるんだけど、

飲食店って5時間に一回くらいは、レジのお金を計算したり

するんだけど、

これは、すごい面倒臭い作業なんだよね。

 

また現金がレジに溜まりすぎると、

金庫にお金を移す作業もあるし、防犯的にも危険。

 

だから、飲食店や実店舗で経営してる企業が、

キャッシュレスを望む、というのは痛いほど理解できる。

 

また客サイドにしても、

最近はクレジットカードで支払いをする人だと、普段、

現金を持ち歩いていないから、

クレカが使えない店舗があると困っちゃうんだよね。

 

私なんかも支払いは全部、クレカだからね。

 

でも、思うのだけど、

クレジットカードだと、学生やフリーターの人、あるいは未成年、

安定的な収入がない人なんかは、所有できないわけじゃん。

審査があるから。

 

銀行口座と直結している、デビットカードもあるけど、

あれは、16歳以下の人はもてないしね。

 

そう考えていくと、日本でキャッシュレス社会を実現するのは

相当、難しいんじゃないのかと思う。

 

やっぱ、誰でもが気軽に、使える仕組みを構築しないと

キャッシュレス社会は実現できない。

 

キャッシュレスは素晴らしい、素晴らしいって言っても、

実行可能な状況を作らないと、いつまでたっても日本は現金社会から脱却できない。

 

個人的には、デビットカードの年齢制限を撤廃して、

国家レベルで、デビットカードを普及させるとかしないと無理なんじゃないかと思う。

 

キャッシュレス社会を考えるなら、

クレジットカードを持てない人のことを、考慮しないと始まらないよ。

 

いろんな事情があってクレカを持てない人なんか大勢いるからさ。

 

今の非正規や貧困層の溢れる日本で、キャッシュレス社会を実現する

ハードルは相当高い。

 

そこを無視しては何もできないよ、結局。■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自殺率が高く、投票率が低い国の選挙が終わって。

衆院選が終わって、

みんなは自民が勝ったとか希望がどうとか、

立憲民主党がどうとか、

ハゲおばさんが落選したとか、

不倫議員が当選したとか、

議論しているけれども、

個人的に、この選挙で一番、ショックだったのが

投票率の低さ。

 

毎度のことながら、

日本の選挙は、投票率が50パーセントくらいで

恐ろしく低い。

 

で、ネットで普段、日本の社会制度に批判的な、

イケダハヤトさんとか堀江貴文さんまで、

選挙に行かないで良いみたいな意見を言っていて、

ほんとにショックだよ。

 

ツイッターを見ていたら、面白いコメントがあって、

日本は、自殺率が高く、投票率が低い、

つまり、国への不満を投票という形式ではなく、

自殺という方法で表しているのだ、

というのがあって、

ああ、言い得て妙だな、、、と思った。

 

まあ、これは強烈な皮肉なんだけど、

本質を突いているよ。

 

投票率が低いことによって、

社会環境が悪くなって、

環境が悪いから、

当然、日本で生きるのは苦しくて、

結果、自殺ばっか、という結果になる。

 

本当に、何をやっているんだろう? という話だよ。

 

若者は総数が少ないから、選挙いっても無駄って言う人がいる。

そんな事はなくて、

ただでさえ人口比率で影響が低いなら、行かないなら

影響力がゼロになってしまうわけでしょ?

 

それに高齢層にだって、若者世代のことを考えて投票する人も

いるわけでさ。

 

加えて、投票率が低いと、

付随して、組織票が有利になってしまうから、

共産党や、公明党みたいな、カルト寄りの政党が大量当選してしまうし、

自民や民進系だって、

支持団体の組織票に頼らないといけなくなるから、

ますます政治腐敗が進む。

 

自民や民進だって、宗教系の団体つくって、組織票つくるとか

やってるわけじゃん。めちゃくちゃだけど、

こうでもしないと戦えないんだよ。

 

こんなに低投票率だと。

 

結果がどうとか論じるレベルじゃない。今の選挙は。

 

こんだけ低投票率じゃ、本当に国が終わっちゃうし、

国民の自業自得だよ。

 

いつまででも、自殺しとけって話だよ。■